ゴルフのスイングは大きくわけて3つあります。


体重移動型・捻転型・回転型です。


私のお薦めするスイングは体重移動型です。



それ以外を求められる方にはお役に立たないサイトです。ご注意ください。

2011年12月21日

足場は必要

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ




先日の月食で私は銀河系の住人だということを強く意識しました。月があまりにもきれいに浮いていたからです。


さて、宇宙空間でクラブは振れるでしょうか。振れません。土台がないからです。足場がないと振れないんです。だから足はとても大切なんです。

では、しっかり足場を固めてそれを土台にして上体を振って行くんですね。というと、これがまた違うんです。違うと言うのは田地メソッドでは違うと言うことですよ。地球は踏みこむためにあって欲しいんです。

地面さんそこにいてくださってありがとう。というかんじです。

足を完全に固定して上体をねじっていくと下半身は飛球線方向に動いてしまいます。逆に動かしたいんです。まず後ろ足のほうに体重移動したいのです。右に行く。そして左に行って打つと言う感じにしたいんです。

ですが、下半身を固定して上体をねじりあげると下半身は左に動くんです。

ちょっと実験してみましょう。会社の椅子でもいいです。勉強の椅子でもいいです。上がくるくる回る椅子に座ってください。足を浮かせて座ってください。その状態で下半身を動かさない感じで上半身をねじってください。

どうですか。足が左に動いたでしょう。

逆なんです。体重移動型のスイングでは右に動かしたいんです。ということは下半身をとめて上体をねじり上げるスイングは足が反対に動いてるんです。

なので絶対にあしから スイングを始動してほしいんです。


まずは足を動かしましょう。





Facebookページを作ってみました。よろしければそちらにもお立ち寄りください。


https://www.facebook.com/pages/Backfootgolfcom/185934998163823
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ







posted by 田地 悠平 at 10:26 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月17日

グリップはスクエア

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

グリップはスクエアーが絶対にいいです。
フックグリップで上から押さえるようにしフェースローテーションを押さえて
振る振り方もありますが私はやりません。

絶対にフェースローテーションはしてしまうからです。してしまうなら
やりましょう。イメージしましょうというのが私の考えです。

最近の大型ヘッドは慣性モーメントが大きいのでフェースが戻りにくいだから
はじめからクローズにしておいて
できるだけ開いたり閉じたりしないでおこうというのが、フックグリップ派の考えの
ひとつです。

私は右プッシュのミスは容認しています。フェースが戻りきらず右にプッシュは仕方ないと
思っています。それで左のミスは消せるからです。

プッシュでもインサイドからクラブが入るので
どんどん切れて行く球にはなりません。

大丈夫です。

スクエアーで腕のローテーションが行われるスイング。
ここち良いです。




Facebookページを作ってみました。よろしければそちらにもお立ち寄りください。


https://www.facebook.com/pages/Backfootgolfcom/185934998163823
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ







posted by 田地 悠平 at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月14日

股関節の切れ上がり

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

マキロイ。

左に体重移動を行います。体重移動はあくまで直線的です。
腰は行き場を失い、左足の上で強烈に回転します。この回転自分で意識しているのかどうか
わかりませんが、今の段階では必要ありません。

意識してまわす必要はありません。
行き場を失った腰がたまらず回るという感じで良いと思います。

ここで大切なのが軸。
マキロイの軸は左足内側にあります。
左足内側にある軸で腰が回ります。
ですので股関節が切れ上がります。


ビキニのパンツのラインで強烈にきれあがるんです。
パンツはもともとそれを意識して作られたのかもしれません。
あの位置で違う稼働をするので
あそこで布を切ったのでしょう。

動きも切りましょう。右足の外側から左足の外側に行くより
右足の内側から
左足の内側に行くほうが
安定度は増します。

体重移動によるエネルギー発生の度合いは下がりますが
安定も求め両立となるとこの範囲です。

この切れ上がり感できている人は少ないです。
彼の特徴の一つです。

ものにしましょう。

Facebookページを作ってみました。よろしければそちらにもお立ち寄りください。


https://www.facebook.com/pages/Backfootgolfcom/185934998163823
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ







posted by 田地 悠平 at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月13日

腰は結果的に回るんです

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

腰をどうするかです。

後ろ足の上で腰が回転し
体重移動した後は前足の上で腰が回転する。
マキロイなんかは確実に腰が回転しています。

だからといって自分から回転させるのは私は違うと思っています。
結果的に回る感じです。
どういう風に回るかは知っておかないといけません。

でも自分からまわしてはいけません。
体重移動します。行き場を失ったエネルギーは
腰を回転させるために使われます。
エネルギー保存の法則ですね。

後ろいく、後ろ足のインサイドエッジを踏み込んでいる。
そこに軸が出来ているのでそれ以上動かないんです。

そこを軸に上半身が巻き上がっていく。
そんな感じです。

見た目は腰をまわしているように見えます。
でも実際は自分からまわしていないかもしれません。

自分からまわすとパワーが逃げると思うんです。
腰の回転の仕方を知る。感じる。

そして自らまわさない。
そのこころがけが大切です。


はやりのFacebookページを作ってみました。よろしければそちらにもお立ち寄りください。


https://www.facebook.com/pages/Backfootgolfcom/185934998163823
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ







posted by 田地 悠平 at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月02日

粘る右足

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


体重移動型にも大きくわけて2種類あるのではと思ってきました。

マキロイのスイングを分析していた気づきました。
マキロイを中心とする仮に欧米型のスイングは右足に乗っている。もしくは右足を踏んでいる時間が長いです。打つ瞬間

も右足に力感があり球を押している感じがする。

一方、左に一気に移動して左で打つスイング仮に日本型とします。左に一気に移動することで球にエネルギーを加えま

す。左に行ってから打つ感じですね。

どちらがいいとかはないです。好きか嫌いかです。私は断然マキロイの欧米型がすきです。右足を地球にうめこみながら

いつまでも踏んでいる感じです。粘っこい感じが好きなんです。フェースに球がくっついている時間が長くとても気持ちいい

です。

ずっと体重移動スイングを提唱していますがこんごは、欧米型を中心に書いていきたいと思います。

先日このブログを読んでくださっている読者のかたにお会いしました。テンションがあがったのでまた書き始めたいとおもい

ます。


はやりのFacebookページを作ってみました。よろしければそちらにもお立ち寄りください。


https://www.facebook.com/pages/Backfootgolfcom/185934998163823
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ







posted by 田地 悠平 at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。