ゴルフのスイングは大きくわけて3つあります。


体重移動型・捻転型・回転型です。


私のお薦めするスイングは体重移動型です。



それ以外を求められる方にはお役に立たないサイトです。ご注意ください。

2009年06月02日

トップから打ちに行く

いちばんやってはいけない事のひとつに、
トップから打ちに行く
があります。


意外にこうやって打っている人
多いんです。


何故多いか。


感覚的に気持ち良く、
正しいスイングのように
思えるからです。


物理的にも正しいような感じがします。


バックスイングで一番腕の高くなるのが
トップです。


ここから重力を利用してボールまでの
距離を利用して一気に
加速し
ボールにぶつけた方が
飛ぶような感覚があります。


だからこうして打つ人が多いです。


ジェットコースタースイング


と私は呼んでいます。


ゴルフを教わる時に
良く聞く言葉の一つに
ゆっくり打つがあります。


ゆっくり打つなんて意識しなくて良いです。


この言葉を聞いてスイングを始めると
皆同じようなスイングになります。


ジェットコースタースイングです。


ジェットコースターって
始めものすごくゆっくり
一番高いところを目指して

たったったったっ

って上がっていきますよね。
その間にどんどん恐怖心が
つのってきます。


バックスイングも
同じ恐怖です。
ゆっくりあげて行きます。
ボールとどんどん離れて行きます。
怖いなあ
当たるかなあ。


そして頂点にきました。
そこから一気に下ります。
もの凄いスピードです。

「キャー」

悲鳴が鳴り響きます。


ゴルフでもいよいよトップまで
来ました。
そこから一気に加速して
ボールを打ちにいきます。
もの凄いヘッドスピードです。

「ファー」


トップから打ちにいったら絶対に駄目です。
一見溜まりにたまった力が爆発し
最大の飛距離がえら得るように思えます。


確かに普通に手打ちの人より
飛びます。

なので正解のような気がするんです。
私も昔はずっとそうして打っていました。


実は駄目なんです。


トップから一気にうちにいったら駄目なんです。


飛ぶのは飛びます。
でも、方向性や再現性が低くなるんです。


同じくらい飛んで
もっと方向性再現性が高くなるスイングがあります。


それを皆さんにマスターしてほしいんです。
ただそこは一番伝えにくいのです。
感覚的に違うんです。


違和感が滅茶苦茶あります。
だから伝わらないんです。


こんなんでほんまに飛ぶの?
という感覚になります。


しかも相当難しいです。
だから続かないんです。


私のメソッドで一番難しい部分です。
しかも他の雑誌やレッスン書で
だいたいてきにとりあげない部分です。


他の部分で共通するところは多いんですが
この部分は書かれていません。


何でしょう。どこの部分なんでしょう。


答えは次回に書きます。
ここはひっぱります。
値打ちをつけているわけではないんです。


秘伝でも何でもありません。


ただここでは書きません。
ブログで200近く記事書いてきましたが
こんな形はじめてです。たぶん。


何故?


大事だというのを皆さんに
印象づけたいからです。


だから少しだけ間をあけます。
ご期待下さいませ。


ここが出来ればスイングが
ゴルフが激変します。
パットも上手くなります。


では。
posted by 田地 悠平 at 07:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しています。
レベル1を徹底的に練習しています。
現段階でラウンドする際は、どうすればいいのですか?さすがにレベル1では回れないですよね^^
2拍子で打っているのですが、上半身は1でトップまで上げればいいのですか?
Posted by アプローチは53 at 2009年06月02日 19:21
アプローチは53さん

書き込みありがとうございます。

レベル1を徹底していただいているのですね。
ありがとうございます。


言うとやるとでは大違いなのが
このレベル1です。


やってみるとわかりますが
おもしろくありません。
こんなこと3か月も
できません。
というのが正直なところだと思います。


ちなみに塾生でさえも
すぐに次に進みたがります。


私の1番弟子である妻は、なんの疑いもなくこのレベル1を3か月
レベル2を3か月しました。


良いスイングをしています。


引き続きチャレンジください。


コースでは普通に打ってください。
アドレスに入る前に
レベル1の素振りを丁寧に繰り返してください。
そして、こうあげるんだとイメージしてください。


コースではそこだけで結構です。
それ以外は今まで
レベル1を取り入れる前の
スイングで構いません。
がんがん行って下さい。


その時スイングの事は一切、(レベル1の始動は良い)考えないでください。


目標を見て
飛ぶ球をイメージします。
何度も球筋と着地点を
イメージします。


そしてそこに打つように打ってください。
コースにいったらスイングの事は
基本的に、考えてはだめです。

ただそこに飛ばすことだけを考えてください。


2拍子で良いです。
1でトップまでいきます。

1,2で振ります。
クラブは3拍子に勝手になります。
右に動いているものが
左に切り替わる時
スピードが0になります。


そこを1と考えると
3拍子になります。


トップで止めてと
たまにありますが、これは
間違いです。


下半身を1,2で打ったとき
結果としてもう1拍加わるといった
感じです。

あくまでも2拍子を維持ください。


この拍子について本編でとりあげます。
ありがとうございます。


では。
Posted by 田地 悠平 at 2009年06月04日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120668086

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。