ゴルフのスイングは大きくわけて3つあります。


体重移動型・捻転型・回転型です。


私のお薦めするスイングは体重移動型です。



それ以外を求められる方にはお役に立たないサイトです。ご注意ください。

2009年06月08日

地面を踏むのが一番

宇宙遊泳しながらゴルフのクラブを
振るとイメージしてください。


振れる感じしないですよね。
クラブは地に足がついていて
はじめて可能なのです。


地面つまり地球は
とても強いので
あなたがいくら
踏んでも壊れることは
ありません。


同じ力で押し返して
くれます。

70キロの人が
立っていれば
70キロで。


120キロの力で
踏めば
120キロで押し返して
くれます。


地面を踏めば
踏むだけ
踏む力が
強ければ
強いほど
飛距離に関しては
有利です。


10年後
地面を踏んで
クラブを触れる人と
そうでない人の
差がものすごく開いてきました。


ドライバーの
飛距離の差が
100ヤード
以上になってきました。


飛ばない人から
クレームが出ました。
あまりにも差があり
公平ではないと。


そこでPGAはルールを変更。


ゴルファーは
がボールを打つ時は
厚さ1センチの氷の上から打たないと
行けない。打った時に割れたら
2打罰とする。


氷は少し浮かしてあります。
何とか立ってアドレス出来ます。
ただ打つ時に踏み込んで打つと
間違いなく割れてしまいます。



踏めない訳です。


こうなると回転の方が
まだ有利な気がしますよね。
回転型だと
地面に伝わる力が
少ない気がします。


こんなルール変更は
まずありえません。
仮想の世界です。


地面はいくら蹴っても
ルール違反にはなりません。


蹴らないと
踏まないと
損です。


ゴルフは飛距離だけではない。
方向性も大事だ。



わかります。



その方向性を得るためにも
飛んだほうが有利です。



目いっぱいで250ヤードより
7割の力で250ヤードのほうが
方向性は増します。



地面を踏みましょう。
地面を蹴りましょう。
ねじるより
回るより
一番効率が良い。
私はそうおもいます。



氷の上で打たないといけない
その日が来る前に。






posted by 田地 悠平 at 09:34 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは 田地さん いつも興味深く拝見させて頂いています。:地面を踏むのが一番:同感です。ただ私の感覚では 左足突っ張り、右足押し込みという感じですが? 両脚で踏むのでしょうか?ご意見伺えますか?
Posted by 口だけシングル at 2009年06月08日 17:29
すみません 先程の書き込みはダウンでのハーフウェイポジションからの感覚でした。ちょっと素振りをして見たのですが、始動時では逆の左足での地面押し込みでした。
Posted by 口だけシングル at 2009年06月08日 17:53
口だけシングルさん


書き込みありがとうございます。


地面を踏むの
賛同していただけるのですね。
ありがとうございます。
心強いです。


まずダウンでのハーフウェイポジション
での感覚ですが、

右足押し込みですね。
同じです。
右足を真下ではなく。
斜め後ろ下方に
押し込む
踏み込む
粘っこく蹴る
こんな感じです。


左足は
右足を押し込んだ結果
腰が左に移動しますよね
それが左の股関節の上で
行き場を失い
そこで回転する感じです。

その時に左足の
曲がった膝が
伸びる?
自分から踏んでいる?

という微妙な感覚で
真下に力を掛ける感じですね。

左足突っ張る感じは
ありますね。


左足の踏む方向は
真下ですね。

そんな感じです。
多分口だけシングルさん
と同じ感覚だと思います。

で素振りされた始動時の
感覚ですが


これは私と違います。
左で地面を押す感じは
ないです。


アドレスで右に体重が
かかっていますよね
その右足を
さらに踏み込む感じで
バックスイングします。


アドレスの時は
右の足裏全体で
立っています。

クラブを上げるとき
足の裏の
内側のライン
親指の内側から
カカトまでの
内側のライン
そこを
地面に埋めるように
あげます。


そんな感じです。
またわからければ
書き込みおねがいします。


では。
Posted by 田地 悠平 at 2009年06月09日 09:15
以前、回転いすでの股関節体操を教えていただき、
左股関節がネックになっていることが自覚できました。
バックスイングの入りが浅いのは右かと
考えていましたが、原因は左でした。
現在、教えていただいた方法に加えて
前後でストレッチしています。
有り難うございました。
最初、足裏に注意してなかったのですが、足裏を付けて回転いすをして分かることが
できました。
Posted by ツッチー at 2009年06月09日 13:00
だび度 申し訳御座いません。

本日レンジで右足始動を感じて見ました。

アイアン :       成る程  
アプローチ:5分5分体重 成る程
      左体重    んーー 続けて      いるとふむふむ
さーードライバーはどうだ。
ハーフウェーポジションまで待てない。タイミングがとれませんでした。

自宅に戻りパターで右足始動右足フォロー
おおー出来る。感じました。

今まで全てのスイングを左足始動の右足フォローでしたが、今回貴重な体験をさせて頂きました。ドライバーは、再度挑戦してみます。

ありがとうございました。
 
Posted by 口だけシングル at 2009年06月09日 20:31
ツッチーさん

書き込みありがとうございます。
回転いすでのストレッチ効果
あったようですね。良かったです。


ただ、また私の描写が足りず
ご迷惑をおかけしたようですね。
足はつけて地面につけてください。
そこを書き忘れていました。
すみません。


ふだんからもっと細かく描写したほうが
良いと人には言っているのに。


かたじけないです。


左がかたくても右にいきづらいのですね。
なるほど勉強になりました。


加えて前後もされているんですね。
ガンバってください。


股関節と
肩甲骨が
やわらかければ
回転せずに
球を打てます。


では。
Posted by 田地 悠平 at 2009年06月10日 10:34
口だけシングルさん


書き込みありがとうございます。
また、実地検証までしていただき
重ねてお礼申し上げます。


ドライバー以外は出来たという感じですね。
こちらこそありがとうございました。


口だけシングルさんの書き込みのあと
自分でどのように足を使っているかを
集中して意識してみると、
明確になりました。


絶対に右右ですね。
以前からも右右左
と言ってきましたが
右右
左は今じゃなくても良いか
と思いました。

ありがとうございます。


右右ですね。
パットも右右で
入ります。


右右何が良いか
地面を思い切り踏めることです。

そのほうが球をおせます。


ドライバーは上の時間がながくなるんで
難しいんですね。

きっと


またご報告お願いします。
このたびはありがとう
ございました。

さらに方向性が見えました。


では。
Posted by 田地 悠平 at 2009年06月10日 12:17
こんにちは
週中はLevel1をイメージ練習
週末はガチガチスイングでラウンドしてます

その中で質問と言うかアドバイスを頂きたいのですが
スイングリズムを1・2 
体重移動を右・右(インパクトでボールに当たり負けしないように右足で押し込む)
これは1・2の2の時に右@・右Aの右Aが来るようなイメージですか?
Posted by keita918 at 2009年06月21日 17:54
keita918さん

書き込みありがとうございます。


実践して頂いているのですね。ありがとうございます。必ず良いものが出来上がるとおもいます。


ややこしいですよね。解りづらくて
すみません。


リズム1,2の

アドレスは何もないので0です。

そして右足を踏み込むことによって
バックスイングを始めます。

これが 1 です。


そしてさらに右足を踏むことによって
クラブというか上半身を戻します。

これが 2 です。


1と踏み込んで一気にトップまで行った時
かなりのウエートが右足に掛かっています。


トップから右足をさらに踏み込んで切り返しが始まります。

それが 2ですが


そのごずっと2で右足を踏むことによって
体重が左に乗って行きます。


2を1から5に分けると仮にします。

2.1ではほぼ右ですが

2.5ではほとんど左に乗っています。


2.2
2.3
2.4
2.5
と徐々に左に移っていくと言う事になります。


ここで大事なのは右を踏んで
左に行くという点です。


1、2のリズムは同じテンポです。


上のように書くと

1が短く

2が長いような
印象を受けると思いますが

リズムは同じです。



おわかりいただけたでしょうか。
またわからなければお聞きください。


では。
Posted by 田地 悠平 at 2009年06月22日 08:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。