ゴルフのスイングは大きくわけて3つあります。


体重移動型・捻転型・回転型です。


私のお薦めするスイングは体重移動型です。



それ以外を求められる方にはお役に立たないサイトです。ご注意ください。

2009年06月15日

田地メソッド・上半身の概要

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ



下を書いたので上も書いておきます。


上はまだまだ先ですよ。
取り組むのは。
まず下半身。それが
完成したら最後の最後に
上です。


まず基本腕だけ振る事は
しません。
常に腕は胸の前です。
よく言われている
腕と胸で出来た三角形を
崩さないようにです。


彼氏の頬をはたくような動き。
ビンタをするような動きは
しません。


ビンタは彼に正対したまま
胸は彼を見たまま
手だけが胸の前で
右から左に
動きます。


これを腕を振っていると
いいます。



ほんとうに彼に
決定的なダメージを
与えようとするなら
これではだめです。


右わきを締めて
腕を右胸の前に
固定して

掌の下の固い部分で
体ごと
持っていきます。


そのほうが致命的な
ダメージを与える事ができます。


田地メソッドもそんな
イメージです。
持ったものを
ぶつける感じです。


胸が正面を向いていて
そのまえで振る
というかんじではないです。


では腕はどう動かすのか。
全く動かさないのかと言うと
そんな事はありません。


上腕は基本固定です。
セメントで固めた感じです。


前腕は回旋します。
バックスイングで右手は外に
左手はうちにまわります。
(レフティーは逆)


うつときはこれが戻ってきて
フォローに向かって
右手がないせん
左手ががいせん
します。
(レフティーは逆)


後は手首です。
コックとアンコックです。


コックは親指側に
縦にします。
手のひら側やこう側に
折るのはスナップです。
これはしません。


縦にコックです。
だからほとんど動きませんよ。
本当に動かないです。
でもそれで
いいです。


そしてアンコック
コックしたのをほどきます。
打つ時にほどきます。


コックは勝手にほどけると
いう理論もあります。
それも間違いではありません。


でも私は自分でほどいてもらっています。


グリップはスクエアーです。
色々な球を打つのに絶対に
スクエアーがいいです。

最近ヘッドが大型になり
フェースが開きやすく
閉じにくいので
若干フックという
のが多いです。


それもありですが、
私にはなしです。


絶対スクエアーが
自然です。
開いて閉じる動きが
必要だからです。


ヘッドが大きく開いたものが
閉じにくいなら
思い切り閉じにいけば
いいんです。


それでもどりが間に合わなく
右に飛ぶのはよしとしましょう。


そんな感じですね。
まとめます。


■スクエアーグリップ
■手はいつも胸の前
■上腕は基本うごかさない。
■コックは縦に
■アンコックもしっかり
■開いて閉じる
■振るな


です。


これが田地メソッド上半身の
概要です。


では。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

posted by 田地 悠平 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。