ゴルフのスイングは大きくわけて3つあります。


体重移動型・捻転型・回転型です。


私のお薦めするスイングは体重移動型です。



それ以外を求められる方にはお役に立たないサイトです。ご注意ください。

2009年08月11日

コースでプロはどう打つ?

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


トッププロはたぶんどちらの球も打てます。
基本的な持ち球があって
それで全て押し通す方もいますが
基本はどちらも打てます。


タイガーや今田竜二
ガルシアは間違いなく
両方打ちます。


そうでないと世界では戦えないと
彼ら3人は雑誌か何かで語っていました。


田地スイングの基本スイングです。
まず、開いたフェースでボールに接触します。
球がつぶれます。
つぶれてフェースを駆け上がります。
その時にフェースを返しながら
球を捕まえて行きます。
こういうイメージで振っています。


ですので基本はストレートに出て
最後に軽くドローするイメージの球です。


実際にこんなことはありません。
ドローするということは
若干閉じたフェースが当たっています。
でもイメージは上に書いた通りです。


これは相当いいですよ。
まず左へのミスが恐ろしく減ります。
左(左打ちの人は右)を気にしなくて良くなります。
背中側は意識から消せるのです。
背中に崖があろうがOBがあろうが
気になりません。

ミスは右になります。
若干右に出たたまが
つかまりきらずに右プッシュです。
それはよしとしましょう。
捕まえ切れなかったなと。


次は捕まえよう。
変なイメージが残らないのです。


足で引っ張りますが
クラブを遅らせて
身体を思い切り開いて打って
クラブを振って間に合わせるスイングではありません。


常に胸の前にグリップがあるスイングです。
ですので
振り遅れの大幅右プッシュがないのです。


これが基本の持ち球です。
これが基本だと
フェードは簡単に打てます。


少し左足を引きオープンに構えます。
それでフェードが打てます。
同じように捕まえても良いです。


身体が開いて球が右に行くので
より開いた状態で球にフェースがあたります。
そこから同じように捕まえれば
スライスではない見事なフェードが打てます。


フックを打ちたければ右足を引いて捕まえに行きます。



両方打てないといけないといったのは
コースがそれを要求するからです。
あなたの持ち球の多さを試すのです。


ここはドローで来いよ
とかフェード打てないと
攻略できないよとか。



打ちおろしだと低い球がいいでしょう。
打ち上げでは球が低いと距離がでません。



楽しいでしょ。
設計者の問いかけに
あなたが答えるのです。


なぞときをしながら
コースをまわるのです。


それには練習場で完璧にスイングを
作る必要があるのです。


そしてそれを
コースで応用です。


前に木があり
目標は直接狙えない。


そんなとき左から回してフェードや
スライスで狙えた時は
たまらない快感があります。


一刻も早く練習場シングルになってください。
その方法はブログに書いています。


これからも書いていきます。
解らない事がありば
コメント欄にご記入ください。


わかる範囲でお答えします。



今日はこれで4つ目の記事です。


理論と実践って大事ですね。
ゴルフに行ったとたん
ネタが溢れてきます。


ではでは。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
posted by 田地 悠平 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125495365

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。