ゴルフのスイングは大きくわけて3つあります。


体重移動型・捻転型・回転型です。


私のお薦めするスイングは体重移動型です。



それ以外を求められる方にはお役に立たないサイトです。ご注意ください。

2010年01月04日

欧米人と日本人

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

スイングが違いますね。
おそらく環境の違いからくると
思います。


最大の違いは芝生です。
フェアウエーの芝生が違うんです。


日本のフェアウェーの芝生は
葉がかたいです。
なのでボールが浮いています。


海外は洋芝というのが主流で
葉が柔らかい
なので沈んでいます。


この違いでスイングに差が出ます。
日本のボールはスイングで拾っていけます。


洋芝のボールは拾えません。
もう一段下げないといけません。


これをどう下げるか。
ほとんどの教則本やレッスンでは
海外の場合
ダウンブローで上からとらえないといけないと
書いています。


実際に海外に行くと
その傾向を強くしようと
軸を傾けて打つ方もいます。


もちろんその方法もよいのですが
私はお勧めしません。


ではどうするか
アンコックです。
コックを使った状態で
芝生の刃先ぎりぎりを
通してきます。


最後にアンコックして
もう一段ヘッドを地球に近づけます。
円の軌道を変えるんです。


この動きが積極的な
アンコックで出てきます。


海外のプロはこのうち方をしている人が
多いです。


この動き実はとても
良いのです。


私は日本でプレーすることがほとんどですが
このうち方をしています。
とても
良いです。


色々なメリットがあります。
根本的にスイングと球の質が
変わってきます。


海外の人はこのうち方をしているので
強いんです。


日本人でこの動きを
している人私の知る限り
いません。


積極的にコックを
解けと言ってる人も
少ないです。


もっと積極的に
アンコックをしましょう。
ゴルフが変わります。


私もようやくこの動きを
コースでもできるようになってきました。
なんとかものにして
がんばりたいと
思います。



コックアンコック
とても重要なので
覚えておいてください。


では。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

posted by 田地 悠平 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137322454

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。