ゴルフのスイングは大きくわけて3つあります。


体重移動型・捻転型・回転型です。


私のお薦めするスイングは体重移動型です。



それ以外を求められる方にはお役に立たないサイトです。ご注意ください。

2010年05月30日

ハーフトップを打ちまくれ

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


練習場ではハーフトップを打ちまくってください。ノーコックでです。まずはということです。レベル1及びレベル2ではコックは使いません。身体でうつのです。がちがちに固めてあしでうちます。コックがないので球の最下点までエッジが届きません。


でもそれでよいのです。私の推奨するスイングは描く弧が緩やかで浅いです。なのでハーフトップでも球があがります。


スピンもある程度効きます。このかんじで打てばドライバーも打てますよねティーアップしていますから。


レベル2のスイングをマスターすればスイングのレベルはシングルクラスです。はんで7くらいは余裕でいけます。


コックを使うのはそのさきで充分です。身体の動きを徹底的に使うためにノーコックでいいでしょう。アイアンも日本の硬い葉をもつフェアウエーでは充分球を拾えます。


その上のレベルもしくは海外でやるときはコックが重要になりますがそれまでは全然大丈夫です。日本のプロの方が海外に行って沈んだ球を打つときは積極的なコックとアンコックが必要になります。


このあたりを充分マスターしていただきたいですね。


上から打たないと芝に埋もれた球を打てないと思うのは幻想です。弧を少しゆがめてあげればよいのです。


まずは身体を固めてレベル1これで結果が出ちまいます。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
posted by 田地 悠平 at 08:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
少し浮かせてかまえるのですか?きちんと構えれてノーコックであれば普通にあたるのではないですか?
Posted by at 2011年10月05日 18:44
書き込みありがとうございます。

お返事遅くなって申し訳ありません。

つたない表示で申し訳ありませんでした。
おっしゃるとおり浮かして構えます。
少し浮かしてボールの赤道付近よりしたにリィーディングエッジをいれる感覚です。

アドレス時にシャフトと前腕に角度がついています。それを維持したまま狙ったところんいれます。

コックをほどくと最下点が下がるので、コックを使うとすこし下に入るという理屈です。

海外はフェアーウエー洋芝が多いので日本のゴルフ場より球が沈みます。

芝生のスレスレが赤道付近ややしたなので
こういうスイングが必要なのではというのが
私の考えです。

日本では必要ないかもです。

芝の違いでプロが苦労しているという記事を読んでこの記事を書いたような気がします。

書き込みありがとうございました。

Posted by 田地 悠平 at 2011年10月16日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151539467

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。