ゴルフのスイングは大きくわけて3つあります。


体重移動型・捻転型・回転型です。


私のお薦めするスイングは体重移動型です。



それ以外を求められる方にはお役に立たないサイトです。ご注意ください。

2011年02月12日

下から上に体を使う

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


昨日の記事の続きです。


右骨盤を上げている状態を作ると
地面を踏みやすくなります。
両足で立って、骨盤の高さが同じ状態で
地面を踏むのって意外に難しいんです。


だから右腰を高くしておきます。
高いものを下におろす感じで
地面を踏んでいく。


何故こうするか
何故右腰を上げて踏み始めるか。
ポイントは踏む方向です。


私は体重移動のゴルフを絶対と思っています。
今、タイガーも取り組み始めたようですが
軸を左においておいて
あまり体重移動をしないうち方が
流行っているようですが
私から言わせると絶対にノーです。


嫌です。
右から左に動いていく中で
クラブヘッドが緩やかに楕円形に
まわり
その中で球を打っていく。


球を拾ってから捕まえるという
イメージがあるんです。
私の中には。


なのに軸を左に置いたままだと
どうしても上から球を捕まえる感じがして
嫌なのです。



浅めに球を拾いに行き
最後の最後で円弧をゆがめて
捕まえるんです。



ちょっと抽象的になりましたね。
話も横にそれはじめたので
またこれは別の機会に。



踏む方向でしたね。
踏む方向は
地面の中です。
斜め後ろという感じです。


斜め後ろに踏んで左斜め上に
体が動く感じです。


下からかちあげる感じ
アッパブローに体を使う感じです。


体の使い方はこれが基本です。


この使い方をすれば
球が左にいきなり飛び出すという感じにはなりません。


バケツで前に水をまく要領です。
遠くにまこうと思うと
少し上のほうにまこうとしますよね。
その感じです。


出来るだけ遠くに飛ばしたいので
こういう体の使い方をします。


どんどんアッパーで打つ体の使い方をするのです。



この使い方が出来れば
ゴルフが変わります。


左には絶対に行かないスイングが身に付きます。
右にしか球が行かないようになれば
左が危険なところは怖くなくなります。
それは
かなりのメリットです。







にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ








posted by 田地 悠平 at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185513384

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。