ゴルフのスイングは大きくわけて3つあります。


体重移動型・捻転型・回転型です。


私のお薦めするスイングは体重移動型です。



それ以外を求められる方にはお役に立たないサイトです。ご注意ください。

2011年02月22日

パターは芯で打つ

に

ほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ



パターは芯で打つ。
良く書かれています。
当然です。
プロも芯でうてと必ず言います。


理由はいろいろありますが
良く言われるのは芯で打つと
転がりが良くなる。
まっすぐ転がる
曲がらない。
などです。


でもいちばん大事なのはそこではないと
私は思っています。


私はまあまあパットが上手いです。
コツはときかれると芯で打つことと答えます。
絶対に毎回毎回芯でうてと
弟子にはいいます。


その理由はずばり距離感です。
自分の中に絶対距離感をつくるには
かならず芯で打たないといけません。


例えば鼻をかんだティッシュを丸めて
ゴミ箱に捨てるとしますね。
だいたいこんな感じとほりますよね。
あまり距離感が狂わない。
体に絶対距離感があるからです。


芯で打たないとこれが狂うんです。
もうおわかりですよね。


これくらいと思って振ったのに
芯を外していると届かないんです。


脳はおかしいなと思います。
いつもの距離感なのになぜ届かない?


すると次はすこし強めもしくは大きめに振ります。
今度はジャストミートです。当然遥かオーバーします。


それを繰り返すうちにあなたの絶対距離感が狂ってきます。
パットなんて最後は感覚です。正確に40センチ引いたから6メー

トル転がるとかないんです。かんなのです。


その勘をやしなうには芯で球を打ち
振り幅を体におぼえさせるしかないんです。


これは秘伝です。
簡単に書いてますが
とても大事です。


私は芯で打つことを繰り返すうちに
距離を大きく外すことはなくなってきました。




に

ほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ








posted by 田地 悠平 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187130524

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。