2009年07月11日

歩いてきた歴史

42年くらい歩いてます。


何歳から歩き始めたのか解りませんが
このくらいは歩いているでしょう。


私の骨盤は前傾しています。
前傾している事で腸腰筋が伸びやすいですね。


右足が前に出ています。
左足は後ろです。
そのときこの腸腰筋が伸びています。


腸腰筋は体の前についています。
骨盤が前傾度が強いと
伸びやすいようです。


骨盤が後傾している場合を考えてみましょう。
骨盤が後傾しているということは
この腸腰筋が縮んでいます。


骨盤を後傾させたまま歩いてみてください。
歩幅がせまくなり後ろに残った脚の前面も伸びません。


私は42年間歩いてきています。
骨盤が前傾しています。
一歩一歩毎回この筋肉を伸ばしています。


私の妻の骨盤は後傾がちです。
30ウン年間歩いていますが、
一歩ごとの伸びる量は私に負けています。


筋肉は伸びたり縮んだりすることによって
鍛えられます。
プロのアスリートはストレッチをして
筋肉を伸ばします。


年をとるとおでこにしわができます。
これはおでこの中の筋肉が縮むためです。


本来の正しい姿勢は若干骨盤が前傾した姿勢です。
以前も書きましたが若い女のひとは
骨盤が後傾して胸が縮んで腰を落として
立っている人が多いです。


身体にも美容的にも良くないでしょう。
正しい姿勢を身につけましょう。

意識すれば徐々にですが変わってきます。
骨盤周りをストレッチして正しい姿勢を手に入れましょう。



もちろんゴルフは上手くなります。
見た目も良くなります。
血行が良くなり
身体にも良さそうです。


骨盤前傾意識してみてください。


デッドリフトというトレーニング
骨盤に効きますよ。

これです。

R0010132.JPG
posted by 田地 悠平 at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。