2011年03月09日

土屋さんのご質問にお答えする1



にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ



 土屋さんからアナリスト魂を揺さぶるご質問があったので
お答えいたします。


 まず2から。ご質問は以下の通りです。

以下引用
A
ボール位置を固定した場合、アイアンのプル角をどう処理する

のか、教えていただけないでしょうか?
引用終了


 答えは無視です。^^
 大胆ですみません。基本的に球の位置を固定してプル角は無視してほぼ垂直にアドレスしています。そのイメージで一度構えていただけますか。実際は右足の位置がかわるのでそれに伴いシャフトが傾斜します。

 球の位置は左足の靴内側のラインから9センチくらいのところに固定しています。サンドからドライバーまで全てです。一度その状態でアドレスしてみてください。クラブは8番。スタンス幅は肩幅やや狭いくらい。


 シャフトはほぼ真っすぐになると思います。その状態からこんどは右足を思い切り開いてください。肩幅の2倍くらいに。するとどうですか。シャフトが右に傾くでしょう。スタンス幅によってシャフトが傾くんです。

 今度は右足を左足にぴたりとつけてください。球が右足の外側になりそれに伴い左にシャフトが傾斜します。

 わたしはプル角をその程度の認識で使っています。土屋さんと同じように私も随分悩みました。ですが二つの情報を得てからその悩みはなくなりました。

 1 まずアドレスの状態と実際打つ状態は違う。打つ時は左に体重移動した状態でうつのでプル角は増す。スタンスが狭ければその分左に動きやすいので、サンドのほうがドライバーに比べプル角が強くなる。理にかなっている。


 2 タイガーはプル角を無視してかまえている。タイガーのサンドのアドレスを見る機会があればみてください。シャフトはほぼ垂直です。


 このふたつをしってから気にならなくなりました。実際私のスイングイメージは緩やかな傾斜でクラブを入れるものなので、プル角を強くつけて上からいれるイメージを出したくないのもあります。

 これはあくまで私の主観ですがそんな感じです。そのほうが気持ちよく打てます。土屋さんはいかがでしょうか。

 答えになったでしょうか。1についてはまた日を改めて書きます。ありがとうございました。






にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ








posted by 田地 悠平 at 08:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。