2009年07月07日

骨盤

腰は回したり切ったりするのは
やはり違うと思う。


腰は分割して使うイメージが絶対にいる。
ナタリーガルベスは腰を回すイメージがまったくない。


縦に使う。
地球を踏む。
踏んだら体が上に浮いてしまうので
それを抑えるように
上体をかぶせる。



下からの力と
上からの力で
エネルギーをはさんで
爆発させるようなイメージがある。


ポーラクリーマーも同じ動きをする。


地面と平行(ほぼ平行。前傾している分多少斜め)に
腰を使う回転は
何かやはり弱い。


地面の反力を使えていない。


飛ぶ時はしゃがんで地面を
踏んで跳ぶ。


力を出そうと思えばその動きしかないような気がするのですが
いかがでしょうか。


骨盤はわけて使いましょう。
思い切り地面を蹴りましょう。踏みましょう。


回転は弱い。
そんな気がします。
posted by 田地 悠平 at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。