2009年07月03日

ゴルフスタイル

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ



遼君が登場してからゴルフがどんどんおしゃれになっています。
女子のほうは、藍チャンが活躍して以来ブームになり少し前から
おしゃれな女の子が増えつつあります。


人間は基本的に美しいものやかっこいいものに惹かれます。
そういう意味ではこういう形からゴルフに入るのは大賛成です。


若い世代がそこに入ってこないと業界は盛り上がりませんから。
ありがとうございますです。


服がかっこ良くなりました。
次はなんでしょう。
スイングですね。
せっかくおしゃれになったんですから
スイングもおしゃれに行きましょう。


先ほどもゴルフチャンネルをみていました。
タイガーをはじめとする欧米のプロが映っていました。
皆スイングが美しいです。


見事です。
本当にきれいし強い、シンプルです。
何故か。


日本人のプロと少し違います。
体格はもちろんあります。
そこからくるハンディを克服しないといけない。

というのももちろんあります。


日本人は体格で劣るので振らざるを得ないんです。
そこから来るのは大きいです。


ですがそれはもうどうしょうもないんです。


そうなると選択肢は二つです。

・無理して振って飛距離で追いつくか
・飛距離はおとってもいいので同じように振るか


後者で行きましょう。まずはスイングを真似しましょう
そちらから得られるメリットのほうがおおきいです。


幸い私たちはタイガーを中心とする欧米のプロと
争う必要はありません。


振らなくてもライバルとは十分やっていけます。
そのスイングをマスターしましょう。



ではまずはどこを真似するか。



骨盤です。


まず欧米人とはたち姿が違います。
それは骨盤の使い方から来ます。
欧米人は骨盤を前傾させています。


身体的な特徴は
お尻が上向きで大きく高い。
胸が大きい。
上半身の力が抜け、すっと重心が落ちている。
腰の位置は高いのに、重心は高くないんです。


みなさんも意識して骨盤を前傾させてください。
これは普段の姿勢をそうしてくださいという意味です。


骨盤というのはS字にカーブしています。
自然な形は骨盤が前傾なんです。


若い女性で腰が後傾し
お尻の穴が下を向いた状態で立っている人がいます。
そうなると背骨まで後傾します。
せなかが後ろにでるので
バランスをとろうと
首が前にでます。


街でそうなっているひと結構います。
あの立ち方は駄目です。
欧米ではほとんどいないですね。
あのように立っている人。


あなたはどうですか。
もし骨盤が後傾気味なら徐々にで良いので
前傾にしましょう。


お尻を突き出して必要以上にそってはいけません。
それはそれで腰を痛めます。
不自然です。


あくまでも自然のカーブに沿って立つと
言うことです。


まずは立ち姿を意識してください。
それだけでもゴルフが激変します。
使える筋肉や
使い方が
今までとまるで違ってくるからです。


上半身の力が抜けてきます。
背中がやわらかくなります。
肩甲骨が使えるようになります。


長い間後傾していた骨盤のせいで
周辺の筋肉や腱はがちがちに
なっています。


無理せずそれを一日1ミリづつ
伸ばすようにしてみてください。


まずは立ち姿から変えましょう。
たってるだけでカッコ良いといわれましょう。
腰が高くなり脚が長く見えるその姿勢をものにしましょう。


日々意識してください。1日1ミリで良いんです。


次回からなぜそれがゴルフに良いか書いていきます。



では。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
posted by 田地 悠平 at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。