2009年05月31日

コンクリートで固めたろか。

脚で打つと言うことの次に伝わりにくいのが

【上半身を固める】

です。


見事に伝わりません。
腕で打つと言う感覚が、イメージが、
あるからです。


振ったら駄目です。
振るなよ。
本当に振らないでください。
振るなあー。


これだけ言ってもまだ振りますか?


本当に振らないでください。
振らずにハンデ9までは行けます。


いや、振る事によってハンデ9まで行っても、
5下になるのにもっと手間がかかります。
かなり時間がかかります。


ハンデ9まで行ったころから
腕を振る。
つまり腕の使い方を覚えれば、
一気に5下に行けます。


そのときまで腕は振らないでください。


飛距離を出すために腕を振っている人は、
上達が止まります。
腕は球を操るために使うんです。
曲げたり
高さを出したり低い球を打ったり。


その時まで振らないで。


振らないでという理由はもう一つあります。


下半身の動きを覚える為です。
初期の段階では上より
下の動きを覚える方が
100倍大切です。


誤解を恐れず言うと
上なんかどうでも良いのです。
(後でじっくりやります。)
まず下、下半身です。


でもこれは何回言っても
本当に伝わりません。
上を動かすな。
がちがちに固めろと言って
打席を離れて
他の人を見て
帰ってきたら
もう緩んでいます。

上が緩むと
上が使えるチャンスがでるので
下が使えません。


上が動かないと球なんて打てません。
固めて1球打ってみます。
あたりません。


すると途端に腕をゆるめます。
そして球に当てようとするのです。


あかんのです。
だめなのです。
それで当てても意味ないのです。
上半身を固めて
当たるまで
脚を動かし続けるのです。


本当に難しい。
でタイトルにでてしまったのです。


本当に塾生の上半身をコンクリートで
固めたかったです。尾てい骨から上に背骨を
15個あがります。

そこから上を首まで全部固めたいです。
もちろんクラブもグリップもです。


それで打ってみと言いたいです。


脚を動かすしかないんです。
脚で上半身の塊を後ろに放り投げるように
振り上げて
脚で戻してきます。


そのかたまり事ボールにぶつけます。


この動きを覚えると本当に大きく
ミスすることはなくなり
スコアーが一気に安定してきます。


実際コンクリートで固めてしまうと、
車を運転できません。

いくらゴルフ上手くなっても
ゴルフ場に行くことが出来ません。


ですので現実的に無理です。


だから後は皆様にお任せするしかないんです。


後はボールを胸にはさんで打つ事です。
あの練習

片山プロが良くやっています。


あれは良いですね。


あれやりましょう。


あれなら固めなくてもよさそうです。



お願いします。解ってください。これができれば
飛躍的に上達出来ます。


かなり上手い人でもこうやって打っていません。
練習場200人いたら1人いるかいないかです。
(もちろんスイングのタイプによる。私が腕を
使うなと言っているのは、あくまで体重移動型
スイングであるというのを前提にしています。)


出来たら凄いですよ。本当に。



posted by 田地 悠平 at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。