2009年05月31日

脚で打つ飛ぶ

昨日のブログではやたら飛ぶ飛ぶ
と書いていました。


球が飛ぶと何故良いのか。
もちろん飛距離のアドバンテージというのが
あります。


一番のメリットはコントロールショットが使えるように
なることです。


私は150ヤードを8番で打ちます。
(フラット無風の時)


思い切り体重移動を使って
思い切り振れば
170ヤードくらい飛びます。


本番では100%のちからで振っていない
ということです。


特にショートアイアンは100%振る事は
あまりありません。


プロが飛距離を雑誌で行っている時は
90%が8割前後のスイング下での距離を
言っています。


ほとんどのアマチュアは振り過ぎです。


振ってはだめです。


そのためにはまず思い切り飛ばす事を
覚えましょう。


体重移動で思い切り球をぶっつぶしましょう。
スエーなど気にせず
叩いて叩いて叩く。


そこから余分なものをそぎ落として
スイングを完成していきましょう。


一本の木から仏像を
彫り上げる仏師のようなイメージで。



まずはおおきなのみで荒削りし、
そして細かい部分を作って行く。


昨日塾生の方を見ていて
とても楽しみになりました。


ここからどんどん上手くなっていくんだなと。



過去の記事を全て読んで頂き、
この田地の全てを信じて
やってみよう
と言う方。


ハンデ0のスイングを
皆さんにお伝えするすべは
もっているつもりです。


ですが、少しでもここが
おかしいとか
ここは違うだろうというのが
あれば
上達の完成度は一気に下がります。


読んで、おかしいと思えば
やらない方が良いです。


もしどこにも疑問の余地が
なければやってください。
かなり上手くなります。


矛盾していますが、素直過ぎても
駄目なんです。


100%信じてやってても疑問が
でてきます。ここおかしいんちゃうの
とか。


そのときは、聞いたり言ったりするべきです。


そこで対話することによって腑に落ちます。


先生の考え方も変わる事があります。



一見矛盾したこの行為こそ
上達につながる唯一の道です。


「守・破・離」です。


出来るだけたくさんの方に
このブログを知って頂き
そして
卒業して行って頂きたいです。


では。
posted by 田地 悠平 at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。