2009年05月13日

脇は締めるのではない、締まるのだ。

もっと脇締めて!


練習場では頻繁に飛び交うフレーズです。
コーチやイントラ、上級者が脇があく人に対するアドバイスです。


結論を言うと、脇を締める意識は全くいりません。
脇は締まるのです。


脇があくというのはそのスイングが正しくないことを
表します。


脇だけ締めても意味はありません。


正しいスイングをすれば脇は締まります。
今後は意識しないでください。


何故脇があくのか。


おもな原因は3つ。


■下半身始動になっていない。

■上腕が外転していない。

■腕のローテーションが上手く行われていない


ここが上手く機能すれば、脇は絶対にあきません。


まずは構えから。



上腕を外転。前腕だけ戻して手のひらを向い合わせに。


これだけでも脇がしまってきます。




お試しください。
posted by 田地 悠平 at 14:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。