2009年05月12日

レベル1

いよいよスイングに入っていきます。

まずはレベル1をマスターしてもらいます。
この動きは非常に大切です。
この動きをマスターする事によって、一生ものの下半身の動きが身につきます。


難しいとされているものの一つにスイングの始動があります。
本当にこれは難しい。


あげるきっかけがつかめないのです。
ここさえ上手くいけばフィニッシュまでよどみなく振れます。


丁寧に行きましょう。


まずクラブは8番アイアンを持ってください。
球の位置は、左足(レフティーは右足)の踵からボール何個分
か内側です。この位置は自分で決めてください。


1個から5個の範囲ですね。
1個は左過ぎるかも。
2個からかな。


かかとから合わせてくださいね。
つま先は開いたり閉じたりします。
その量で距離が変わってくるので
おもしろくありません。


踵から合わせてください。


決まりましたか。
その位置が基本の位置です。
どのクラブも全て同じです。


パターからドライバーまで
いつも同じです。


いいでしょ。
シンプルで。


迷わなくて良いんです。


じつはスイングを壊す原因の一つに
この球の位置があります。
せっかくのスイングが
球の位置が変わることにより崩れたというケースが良くあります。


ここはノートに書いておきましょう。
そしていつもその位置に合わせましょう。


パターもドライバーも同じ球の位置なんておかしい。
と疑問をお持ちの方もおられるとおもいます。


大丈夫です。
右足を動かしますので。


一度お試しください。


まず球を置く。
かかとから3個内側。(これは私の位置です)
そして、足を揃える。


体(顔としましょう)に対する球の位置はかなり右です。


次に右足を思い切りひらきましょう。
肩幅の1.5倍くらい。


どうですか。
かなり左にある感じでしょう。
顔に対してかなり左です。


お分かりのように球の位置はこのように
変わります。体にたいして。


ですので固定で良いというのが
私の考えです。


基本の位置が決まっていると
本当に迷いがなくなるのです。


調子が悪い時の判断が
つきやすくなるのです。


まずは自分の球の位置を決めてください。




では。



次からいよいよレベル1のマスターです。
posted by 田地 悠平 at 07:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。