2009年04月22日

不親切すぎるメディア

そうでないものも多いですが、ゴルフの上達法に
ついて書かれたものは、説明不足なものが多いです。


皆さんも充分注意してください。
あなたが選んだその本は、あなたの求めている
ものでない可能性があります。


9割近くまで完成していたスイングが、
その雑誌のその記事を読んだことで、
元のもくあみということも普通にあります。


例えば、あなたはゴルフ上達したいと思い
本屋に行きました。


料理本のコーナーにはいきませんよね。
スポーツのコーナーに普通に行きますよね。


あってますよ。


そして、スポーツの中のゴルフコーナーに
行きますよね。卓球の本はとりませんよね。


あっています。


ここまでは、ほぼ100%の人がたどりつく
正しい道順です。


実はここから先の案内がほとんどないのです。


ここで、どんな本を取るかでまったく違ってきます。


なのに、ここで取る行動を指示してくれる
メディアがほとんどないのです。



過去にも書いていますが、ゴルフには
スイング論やメンタル論、ショートゲーム
、ラウンド論などいろいろあります。


漠然と上手くなりたいと本屋に行くと
どの本をとったら良いかまず迷います。


まず何をしたいのか、を明確にする必要が
あります。


スイングを作りたいのか。
スイングは別にそこそこで良いけど、良いスコアで上がりたいのか。
メンタルを鍛えたいのか。
飛距離を伸ばしたいのか。



スイングを作るとしたらどの程度なのか。
スイングに体重移動型とか捻転がたとか
あるのを知っているのか。



まず、あなたは今どうなりたいのか。
そして最終的にはどうなりたいのか。


まずは明確にしてみてください。


私の一番目の目的は、


ラインのしっかりはいった打席で、
フラットな足場で、完璧にまっすぐ
飛ばせるスイングを教える。


です。



まずは、そこから始めましょうよ。



では。
posted by 田地 悠平 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。