2009年04月19日

ヘッドはこう入る

あくまでもイメージですよ。



どのクラブでも、ヘッドはこのように入ってきます。
どのように?


このようにです。→ 手書きブログへ


(レフティーの方すみません。逆にイメージしてください。)


黒丸がボールグレーが足です。サンドウエッジのヘッドです。


こんな感じでフェースはうんと開いて入ってきます。ボールの手前、自分より、(この絵ですと下側)をシャフトの最先端ネックの先が通る感じです。


もしヘッドがついてなくて、シャフトだけだと、シャフトはボールの手前を通過します。


こんなイメージで振ってください。私はそうしています。


シャフトはボールの手前を通過。それにたまたヘッドがついている。重心を茶色の点で書いていますが、それが外に飛び出して、フェースがボールを拾っていきます。


全体のイメージです。




ヒールからボールの自分側に向かってへっどが降りてきます。


ネックがボールの自分側を通過しはじめます。少し遅れているヘッドにボールが当たります。かなりネック寄りに当たるのでシャンクしそうです。



ボールはつぶされて、その形を変えながら、フェースを右斜め上に駆け上がって行きます。



その間にフェースが、回転します。トウーが回り追いついて来ます。



開いた状態で振り抜けば、ボールは右に飛び出します。


そうはさせません。球がつぶれてフェースを動いている間に、何とかフェースをスクエアーに戻します。


そして球がフェースから離れる頃には、フェースがスクエアーになり球がまっすぐ飛んで行くのです。


皆さんはこんなイメージをお持ちですか。


もっと早い段階で、フェースがスクエアーになり、それをそのままボールに当てればまっすぐ行くだろうというイメージはないですか。


もしおもちなら今すぐ捨ててください。



私が薦めるイメージ(今回書いたもの)を持ってください。実際はこんなことにはなっていません。こんなに開いてはいったら、スクエアに戻る前に球は右にでます。


イメージです。



このイメージが出来れば、スイングの9割は完成です。



身体に負担のかからないとても、美しいスイングが完成します。



まずはこのイメージを植え付けてください。



では。
posted by 田地 悠平 at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。