2009年04月15日

骨盤の前傾は必修

骨盤は前傾です。


極端にお尻を突き出す必要はありませんが、股関節から骨盤を折って前傾させます。


実は私はサーフィンのブログも書いているのですが、サーフィンの基本姿勢は骨盤後傾なのです。



前にいったり後ろにいったり大変ですが、とても良いストレッチになっています。


骨盤を前傾しておかないと私のお伝えしている、体重移動のスイングが機能しません。


田地メソッドの理論は右から左、もしくは左から右の完全な直線運動です。


ですが、いつまでも直線ではありません。左から右に移った体重は(レフティーは逆)右の股関節でその行く場所を失います。


下半身につられて後ろに行った上半身はその股関節のボールを使って体がねじれて行きます。(この動きは講義のだいぶあとでお伝えします)


そのためには股関節の関節を使えるようにしておくひつようがあります。そのために前傾しておかないといけないのです。



一度試しに骨盤を後傾して右足(レフティーハ左)のうえで上半身をねじってください。あまりうまく回らないでしょ。



これでは駄目です。



実は年齢とともにこの部分が固くなってきます。これは加齢に伴う生理的な現象なのでさけれないのですが、ストレッチである程度その速度を緩く出来ます。



青木プロはたぶんいまだにまた割で胸が床につくとおもいます。片山プロもぺったりつきます。


股関節が硬いと長座(足を前に投げ出して床にすわる)もできません。骨盤が後傾します。


決して無理しないように日々のストレッチを繰り返してください。わたしも相当体が硬い人間でしたが、大分やわらかくなりました。


田地メソッドをと思われている方、是非お試しください。



骨盤の前傾は必修です。イチローの立ち方が骨盤前傾です。


この写真もそうです。


R0010132.JPG


では。

posted by 田地 悠平 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。