2009年04月13日

フェースはどう動くのか

イメルマンのフェースのイメージは前に書きました。


田地メソッドのフェースが動くイメージは、開いて入ってきて、閉じながらロフトが立ちながらボールをとらえていくイメージです。


この動きをしようと思うと、全てのクラブでバウンスしかもヒール寄りのバウンスが、一番最初に地面に着くイメージがいります。


アイアンのそこにはソールというものがあります。少し幅があります。実はそのソールは平らではなく少し角度がついています。ソールの後ろ側のラインをバンスといいます。



サンドウエッジのヘッドを目の前に持って来てください。シャフトは地面に垂直にして。


一番低い位置がありますね。


そこがバンスです。リーディングエッジより低い位置にあるでしょう。


そこが一番先に地面につくイメージでスイングすれば良いのです。さらにそのバンスのヒールよりから入ってくるイメージです。

ボールの少し手前でこのバンスが地面にあたり、このバンスを滑らせながらリーディングエッジが少し地面から浮いた状態でボールに向かいます。


リーディングエッジがボールの下に入り込みボールがフェースを駆け上がって行き始めます。



フェースは開いて入ってくるので(フェースは空を向いている)そのままヘッドが進めば、クラブヘッドはボールの下を抜け、ダルマ落としのようになりボールは上にあがります。


(ロブショットの打ち方の一つです。)


これでは前に飛ばないので当たった瞬間にフェースのトー側を回しながらそしてロフトを起こしながら球を打ちます。


ヒールから入ってしかもフェースは空向き、そして右向き(レフティーの場合左向き)なのでボールに右回転でさらにバックスピン(レフティーの場合左回転)がかかるのです。それを掛かり過ぎないようにするために、トーを回転させ、そして起こしていきます。


このヘッドの入れ方がイメージできて、そして打てれば、ゴルフは格段に上達します。この入れ方はバンカーでのエクスプロージョンの打ち方です。


プロにとってこのうち方はとても簡単です。



プロがバンカーが簡単だと言えるのはこのうち方が出来るからです。私も得意です。しかし、アベレージゴルファーの方とラウンドしているとバンカーでこのうち方が出来ている人少ないですね。



ほとんどいません。たまたま偶然バンカーから出ている人が多いです。でも安心してください。実はマスターズ4位の片山晋呉プロでさえ、プロになってしばらく知らなかったのですから。


まずはこのうち方を覚えましょう。


イメージ的にはドライバーもパターも同じヘッドの使い方のイメージで打ちます。



田地メソッドの売りの一つは全て同じ打ちかただから、シンプルというのがありますので、安心してください。


ものすごく伝えたくなってきました。


もう少し読者の方が増えたらセミナーしてみたいと思います。ほとんどここに書いてあることを話すだけですが、目と耳と皮膚から伝わる情報といのは凄いですから。


では。
posted by 田地 悠平 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。