2009年04月07日

週刊ゴルフダイジェスト

本日発売の週刊ゴルフダイジェスト、巻頭特集は、タイガーと遼君のスイング比較です。


これは必見です。


このような特集は、当り前のように各紙で取り上げられています。では、何故あえてお薦めするか?



解説が、ハンクへーニーだからです。タイガーのコーチです。



タイガーを指導している、タイガーのコーチがタイガーのスイングを分析するのですから、これほど確実なものはありません。


これは読んでも良いでしょう。遼君のスイングについてあまりあれこれ言っていないところも共感がもてます。


タイガーは何故あんなスイングをしているかを、この記事から読んで下さい。ただ、あまり詳しく書いていないので、参考にはならないかもしれません。


ですが、腰を回しているとか、左足を伸ばしているとか、勝手に言っているわけではないので、そういう意味では安心です。


ドライバーのアドレスを正面から見た連続写真がついています。これを切り取ってどこか見える所に貼っておくというのも良いかも知れません。


去年からみると、体重の配分が変わっています。去年が右足:左足が6:4だとすると、5.5:4.5くらいになっています。



スタンス幅も狭くなり、アイアン型のスイングをイメージさせるアドレスです。


上の記事「ドライバー〜アドレスです。」というのは僕の所見ですが、



これは事実です。



この記事に、もし「飛距離より方向性を求めて、アイアン型スイングに変えたようです。」


というのを付け加えると、事実と意見が混在して、読者の方に混乱を与えます。



雑誌の解説にはこういう記事が結構多いです。


本来なら雑誌側が何とかする必要があるのですが、出来ていないので、読む側がしっかりする必要があります。



どれが事実で、どこが意見なのかしっかり見極めて読みましょう。



タイガーの体重配分が変わったのは、事実です。ですが、それが、正確性を求めてなのか、膝の手術が関係するのか。


聞いていないので解らないのです。このあたりは充分注意が必要です。




ここで、事実を一つ。



タイガーは、体重配分が去年に比べて左足にかかる割合が増えました。


遼君は、逆に右足にかける量を増やしました。



まったく逆のムーブメントです。




おもしろいですね。



いずれにせよ。このタイガーのアドレスはマネしてください。アイアンのアドレスとして真似してみてください。


ドライバーはもう少し右に体重がかかているほうが良いと思います。



5番アイアンぐらいのイメージですね、このアドレスは。




最後の方は私の意見ですね。このブログを読んで頂き、田地メソッドを実践していこうとして頂いている方へのアドバイスですね。



では。



太郎次郎さま、週刊ですから、お間違いなく。
posted by 田地 悠平 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。