2009年03月26日

スクエアーグリップ

スクエアーが大型ヘッドに合うのではないかとずっと提唱してきましたが、ついにそれに関する記事が出ましたね。



今週火曜日発売した、「週刊ゴルフダイジェスト」です。



70ページあたりにタイガーの過去と現在のグリップの違いが載っています。彼のコーチハンク・へーニーとのやり取りも載っています。



見ることができる方はぜひ見てください。陳プロのコメントも載っています。彼もフックグリップから1ミリづつグリップをスクエアーにしたようです。


フックから始めて、徐々にスクエアーにしたプロも多いと書いています。



私はプロではありませんが、私もそうです。デュバル並のフックグリップからスクエアーにしました。



陳さんのスクエアーはどちらかと言うとウィークなので、あそこまでは薦めません。タイガーでぎりぎりです。



終始グリップの大切さを書いていますが、なかなか伝わりません。塾生の方にたまにあって、ここが変わっていないとがっかりします。



塾生の一人にめっちゃフックグリップの方がいます。その方は相当上手いので、グリップは変えなくて良いのではないですかと言っていますが、この記事を読む限り変えていくのも良いかも知れません。


一方フックグリップは根強く、それで活躍しているひともたくさんいます。



いつものことですが、最終判断はご自身でお願いします。ただ、このブログを信じてやってみようと思う方、前述の塾生の方を除いては、スクエアーは必修です。



見れる方はぜひ 週刊ゴルフダイジェスト読んでみてください。



タイガーのグリップを見ているとよだれが出そうです。あそこからローテーションして球を捕まえて行く動き、ゴルフの中のワンオブ・気持ちいいと断言できます。
posted by 田地 悠平 at 08:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。