2009年03月11日

捻転・回転・体重移動

ゴルフのスイングは大きく分けるとこの3つに分けられると、考えます。


捻転・回転・体重移動です。これを合わせたスイングももちろん存在します。体重移動した後に、回転するとか、捻転して、そのあと体重移動とか。


いずれの方法も良いスイングを作るのには有効です。



肝心なのは、この先生・コーチ・イントラが言っている事は私が目指しているのと同じなのか。違う要素なのか。よく考えることが必要です。


例えばこれは腕の例ですが、フックグリップの人は基本的に腕を積極的に返しません。それを、

「やはりゴルフにはローテーションが必要。プロは自身ではやっているとはいわないが、多少は行っている。」


という記事を読み、やっぱり返さないといけないんだと、このフックグリップの人がやると、とんでもないことになるのです。



塾生の方には本は読まないでと言っているのはこのためです。



さて、きょうのこの3種類のスイングを陸上の投テキ種目に当てはめてみましょう。


まず捻転

これは  円盤投げです。下半身を固定し上半身を大きく捻じります。この捻じりを戻す勢いで飛ばします。


次は回転


これは、ハンマー投げです。室伏選手のやっているあれですね。ゴルフでは何回転もしませんが、回転速度を出来るだけあげて飛ばすという点では同じです。


そして最後に我らが体重移動


これは、やり投げです。思い切り助走し槍を投げます。ゴルフは足が固定されているので、その範囲でしか体重は移動できませんが、彼らは助走を目いっぱい取り、投げています。そこに回転要素は一切なく、最短距離を最大のスピードで移動しています。



面白いのはどれも、ものを前に飛ばす競技ですよね。ゴルフもボールを前に飛ばすスポーツです。



どの型でもそれが可能ということです。




私は断然槍投げです。



色々、読んで下さい。迷ってください。そして考えてください。決めるまでは一杯考えてください。


そして決めたらそれをやりとおしましょう。絶対に結果が出ます。



もしよろしければ、田地メソッドをお試しください。




上を踏まえて、ゴルフは絶対に体重移動です。



では。
posted by 田地 悠平 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。