2009年03月03日

タイガーの左足・遼君の左足

恒例の月末月初怒濤の追い込みが終わりました。


うちの会社は月末の追い込みノルマが半端ではありません。で、さらに2月は小売店さんがひまなので、さらに厳しくなっています。


いつも月末月初はブログの更新が薄れがちになります。頻繁にご訪問頂いていた皆様申し訳ありません。



タイガーと遼君の連続写真を比較して、左足動きが共通しているとの記事がありました。


二人ともインパクトの時に左足が伸びます。


この動きで飛距離が増すのだと書いてあるのです。



私も5年ほど前にゴルフ場で連続写真をとってもらってまあまあ良かったので買ったのですが、インパクト時の左足はタイガー遼君と瓜二つです。


前後の動きも似ているので、このあたりは同じようなイメージで振っていると考えられます。


だとすると彼らは左足を伸ばすことを意識なんて決してしていません。


ですが、雑誌の記事はこの左足を強烈に蹴ることにによって飛距離が増すのだと言っています。このけりが凄いのだと。



ほんまかいなと思ってしまいます。



それは、第3者が想像で書いています。もちろん私も彼らに聞いたわけではないので、想像で書いています。どちらが正しいのか、はたまたどちらも正しくないのか。


それは読者の皆様のご判断にゆだねます。



ちなみに私の考えはこうです。



彼らは絶対に左足を伸ばす意識はありません。上下に体をゆすって球との距離を変えてまで飛距離を出そうとしてはきっといません。



その証拠にその一枚前の写真をみると彼ら二人の左足のひざは左側に大きく突き出ています。もしインパクトで前足を伸ばそうとしているならこんな動きにはならないと思います。


彼らは単純に右から左に大きく思い切り体重移動をして、球にエネルギーを伝えたいだけなのです。ぜひ機会があったら連続写真を見て頂きたいのですが、左足の左への飛び出しが凄いです。


ではなぜ左足が伸びるのか。


この体重移動で行き場を失った右腰は回転運動を始めます。


骨盤は腸骨が2まいと仙骨一枚でなりたっています。


この右の腸骨が左に回転しながらその上部が下方に降りて行きます。それに伴って左の腸骨の上部が後方の上方に動きます。



いわゆる腰が切れるという動きです。この時に左足が伸びるのです。


ちょっと絵で書いてみますのでまた見てください。



これが骨盤です。解りにくい非常にわかりにくい


とりあえず。ここまで。この動きは大事なのでまたじっくりやります。


では。
posted by 田地 悠平 at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。