2009年02月25日

ヘッドはどういうイメージ

ヘッドはどういうイメージで動かすのか?


ここはあまり早めに書きたくなかったのです。書いちゃうとここを意識するあまりどうしても手で動かしたくなるからです。


基本は体で脚ですので、そのあたりはよろしくお願いします。



でもどうしても書きたかったのは訳があります。



この動きはとても美しく、ほとんどのプロがこの動きをしている(そうでもないかも)実は少ないかもでも、タイガーは絶対にこのイメージでスイングしています。


ので、書いておきます。



ボールを打つ前はフェースはまだ飛球線に対して開いて入ってきます。極めてネックに近いバウンスがボールの後方のやや体寄りに向かって降りてきています。



どこかで同じ打ち方しますよね。



そうです。バンカーショットです。バンカーではボールに直接行かず、ボーるの手前に向かって同じ感じでヘッドが降りてきます。ラフのロブショットもこんな感じで入ってきます。(その後のヘッドの抜け方はここでは無視)



全てのショットで全く同じイメージを持って下さい。ドライバーもです。ドライバーやウッドにはバンスはありませんが、あるものとしてイメージしてください。


この状態でヘッドにあたってそのまま振ると、ヘッドが開いたままでボールは右に(レフティーは左)飛び出します。それではいけません。


ボールは当たった瞬間につぶれます。その間はヘッドにひっついています。それが離れるまでの間にクラブのヘッドがかえっていくようにします。


コックは親指方向にしますが、それをここでほどきます。小指側に投げるように縦にアンコックします。するとその勢いでヘッドのトウがさがり、シャフトが縦にしなります。


このときコックはあくまで縦に開放するのでフェース面はかわりません。コックを入れるとフェースが開閉し安定しないと良く書いてますが、あれはウソです。


長い間ノーコックこそゴルフと唱えてきた私だから、説得力があります。こっくは、安定を犠牲にしません。絶対にひつようです。


トウを下に下げるようにアンコックした勢いでフェースが起き上がる(ロフトが立つ)方向に動きます。何故か?
前腕がローテーションするからです。


極端に言うとフェースが下に向くくらいロフトがたってきます。


プロのアイアンが飛ぶのはそのためです。8番アイアンのロフトを1,5番手位立てながら打つのです。この情報は前からしっていましたが、ハンドファーストにしてロフトを立てて打つと思っていました。


結局ローテーションでロフトが立つのですね。



一連の流れを言うと



開いて空を向いていたフェースが


閉じながら下に向いて行くのです。



この流れのなかでボールをとらえるのでとても強く低めの球がでます。


ショートアイアンで球が高い人はこの動きを少しイメーじしてください。



私はこの方法をアプローチでもしていますが、これをし出してから距離感がとても良くなり、チップインもよくでます。


タイガーのアプローチに注目してください。ほかの人よりコックが大きいです。これはこのフェースの使い方をするためです。


当たり負けをしないためにはこのうち方しかないのです。




クラブを常に胸の前にが体で打つ部分の究極の目標とすれば、


今日書いた動きは手の最終目標です。



両方完成して、ものにすればプロでも充分通用するスイングとなります。その方法をあなたに全てお伝えしますので、お楽しみに。


では。
posted by 田地 悠平 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。