2009年02月10日

球の位置は全て一緒。アプローチでさえも

私の提唱するスイングでは球の位置は全て同じです。


もちろんライによって変わりますが、フラットな場所では全て同じです。そっちの方がシンプルなんですスイングが多分。


わたしの場合右足踵の内側から、8センチです。ボールの右の端です。一番最初に当たるのが右端なので右を基準にしました。クラブが長くになるにつれて右足を右に広げて行くので、体に対してのボールの位置は、


左寄りになって行きます。


では、その位置においたまま、アプローチのスタンス、今回は両足をっぴったりとつけてみましょう。


球の位置はどうなりましたか。右足を飛球線に対して直角に構えるとしたら右の親指とか人指し指の前になったでしょう。


手は左足の太ももの前にあるとしたら、少しハンドファーストの構えになったはずです。


アプローチのときはボールは少し右足寄りにおくと書いていますが、高言うことです。同じ場所で良いのです。


ちなみにこの両足をそろえて立つのは、転がす感じで打つチップショットです。左足のつま先は少し開いていますが、それに合わせて右足のつま先を飛球線方向に向けると、更に右足より、


かなり後ろに置いた感じになります。これで正解です。これによりロフトが立ち、低い転がる球が打てます。


もともとロフトのあるクラブ(56から58)を使ってそのロフトを立てて使っているので、ある程度スピンが効く低い球が打てるので、思い切って責めれます。


結果チップインも多くなります。


そのうち方についてはおいおい書いていきますが、この球の位置は同じだと言うことを覚えて頂ければ、もう迷う必要はないのです。



打つことに集中できるのです。


右足からアドレスに入り、左足の位置をきめ、そして右足を調整する感じで入るのが私のやり方です。

では。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。