2009年02月08日

アドレス

アドレスをとります。


股関節の部分から、骨盤を前傾させます。すると背骨の下の方仙骨につながる腰椎の5番4番のあたりは、骨盤を前傾させると結構前に傾きます。


参考図


この図から前傾している姿をイメージしてください。腰椎の方が胸椎より前傾角度が強くなりますよね。



ここがとても重要なところです。基本的に上半身は背骨を軸にして回ります。背骨がその回転の軸になります。



これはたぶん誰も言っていない事です。



スイングが背骨を軸に回転すると考える場合。下の動きは縦回転に近くなり。上のほうにいけば横回転になります。



とても重要です。


ですので、私のスイングは、誤解を恐れずに言えば。



下半身は縦回転。


上の方は横回転。



なのです。



極端に書きますと、まず両手を体につけて、きおつけの姿勢をとってください。そこから両手を上げて肩の高さまで上げてください。


その状態で背骨を軸にして体を左右にひねってください。


手の高さは地面からの距離は変わらず回りますよね。地面に平行に肩が回転します。これが横回転です。



次に、腰から前屈して背中を地面と平行まで倒します。その状態で肩を回して下さい。肩が地面と垂直に回りますよね。それが、縦回転です。



その時腰に意識を持っていってください。右腰があがったり、下がったりしますよね。それにつられて足が何となく浮いたり沈んだりしますよね。


それが下半身の縦回転です。



もう一度話を戻しますと、背骨の角度が付いている下の方は縦回転に近く、


起きている上の方は横回転に近くなります。



それで今は、下の方の縦回転を練習していると言う事です。



こんな事書いている本はどこにもありません。たぶん私が初めてです。スイングは縦だ。


いやいや横だ

という意見はありますが、背骨の湾曲に伴って回転の角度が違うと言っているのはたぶん私が初です。



世界初かも。



このうち方をすると軸が全くぶれません。背骨一つひとつに対して角度が違うのですから。



もちろん実際は背骨と一緒に胸も背中も動くので軸が背骨と言うことはないのですが。解り易く言えばそうなのです。



軸が前後左右に全くぶれないのはここに秘訣があります。



これで、おっと思ってくださったら嬉しいです。解らなくても大丈夫、追って解説していきます。よろしくお願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。