2009年02月05日

上の形ももちろん大事

スイングは下半身から始動し、下半身から動かすのが基本です。


当然その結果上半身は動くのですが、上半身の正しい動かし方を知っておく必要があります。


これはおいおい書いていきますが、正しい動かし方があるという事だけ頭に入れて置いて下さい。


ここで書くとついついそっちに意識が行ってしまうので、ここではかきません。


少しだけ。


上半身の前傾角度ってありますよね。これは特に何度と言うのはありませんが、この角度がスイング中ほとんど変わらないというのが私の理想とするところです。



良く本に前傾姿勢を変えないように打ちましょうというのがありますが、私の考えは少し違います。


変えないようにするのではなく、正しい動きをすれば変わらないというのを知るべきだと思います。


私の場合スイング中上半身の前傾はほとんど変わりません。その角度を維持しようとはあまり思っていません。動きが正しければ動きません。



おいおい書いていきたいと思います。



地面の力を利用してクラブを振って球を飛ばすのがゴルフです。ですので足から動かさないといけないのです。


決して腰からの始動ではありません、足をとめて上半身をねじるのでもないのです。大きく右に行って、左に行くのです。(レフティーは逆)


バケツの水を飛球線方向にまくときの体の動かし方が、ゴルフに非常に近いのです。是非イメージしてみてください。



スエーを気にせず思い切り動いてみるのも良いかも知れません。



感じるために。


では。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。