2009年02月04日

ハーフスイング

腕が地面と平行まであげて、地面と平行でおえるスイングをハーフスイングと呼んでいます。


9時から3時のスイングと言われている奴です。


前回の記事に関連してですが、スイングがほとんどの皆さんが思っている以上に窮屈なものです。プロのほとんどはそんな感じで振っていると思います。


気持ち良く振るのも良いですが、先に型やスイングの軌道を作ってからです。それまでは、スイングに快感を求めないで下さい。


私が考える気持ち良いスイングの最右翼は振り遅れです。バックスイングして、クラブがまだ動いているうちに、下半身を切り返します。クラブは背中側に行こうとしているのに、それを逆方向に下半身でひっぱります。


互いの力が逆に行こうとしているのですから、そこにとても強い力が生まれます。下半身の方が力が強いですから、クラブは漁区方向に猛烈な力が生まれます。体が先行して振り遅れてあたるので、プッシュアウトが多いです。


ですが、あたれば一番飛ぶんではないでしょうか。プロもこういう打ち方をしている人も結構います。振り遅れないように腕を強烈に振っているのです。


実はこれ最高に気持ち良いんです。槍投げや、遠投などはこの投げ方でないと最大距離を出せません。という事は一番理にかなった飛ばしなのです。


ゴルフでもこのうち方は強烈に飛びますが、実は欠点もあります。手が遅れないように振る必要があるからです。



このタイミングが難しいのです。



しかもプロは正確な体の動きを知って、この方法を取り入れています。正しい動きをしらないうちに 行うとよくありません。



まずは、常に胸の前に手を置いたイメージで行ってください。



話を戻しますが、このハーフショットでは上腕と体がついている部分ん胸と脇のあたりは、



絶対に離れません。体が動いた結果腕がついてくる感じです。


事情がゆるすなら、うでとその胸を縫い付けたいくらいです。これはいくら言っても言いすぎることはありません。ここを固定して始めて、体の動きを正しくできるのです。



まずグリップをかため、腕上腕を胸にひっつけてください。絶対に離さないように。これで打てない人、またバックスイングさえ採れない人。


その方は、動きが間違っています。(私の理論に対して)球を打つことを優先せず、上腕を離さないことを第一優先にしてください。


本当にこれをやれば、プロのスイングが身につきます。



信じてやってください。練習場で、これ絶対に間違ってる。田地まちがってるやん。と思いますが、絶対に合ってますから。


よろしくお願いします。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。