2009年01月21日

ゴルフは2拍子

チャー・シュー・メーンというリズムで世界に挑んだ主人公が活躍するゴルフ漫画がありました。


彼のスイングは3拍子です。他にはイチ・ニッのタイミングで打つ2拍子があります。


4拍子や、5拍子、1拍子で打つ方もたまにおられますが、大きくわければ2と3だと思います。


私のおすすめは、断然2拍子です。歩くのと同じリズムの2拍子です。しかも下半身でリズムをとる2拍子です。


イチ・ニと・サンという風にトップで一瞬とまって打ちましょうという理論もありますが、私は違います。


足で2拍子で動いた結果上が3拍子になるという考えです。クラブが右から左に動きが変わる時絶対に、速度が0になる時がありますよね。止まる時です。


結果的に止まっているのであって、自分で止めているのではないのです。それを見た目で判断し止まっているとするのは、違うのではと思います。


また、3拍子でトップで一度実際に止まって(足も)打ちに行ったほうがクラブのためが効き良いと言う論もありますが、私はあまり賛同できません。


トップで止まっている時間を調整するのが難しく、日によって、またその時々によって、タイミングが狂うからです。


もちろん足の2拍子も狂いますが、3拍子に比べると圧倒的にそのリズムは安定しています。


リズムは速くても、遅くても良いですが、必ず2拍子で振って見てください。


イチ・ニッでも良いですし、イ〜チ・ニ〜イでも良いです。いずれにしても一定のリズムを刻むことに集中しましょう。


もし2拍子で振れないようなら、あなたのリズムは間違っています。



塾生の皆様は2拍子必修です。3拍子は禁止です。普段の生活でも2拍子を刻んで下さい。



では。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。