2009年01月12日

アプローチはぴったりによりません

スコアーメークにショートゲームは重要です。特にアプローチは必修です。


上手い人はグリーンを外しても、この技術が高いのでパーが取れるのです。こんな事は当たり前で、知っているという人がほとんどです。


ですが、カン違いしている人が多いのも事実です。


皆、OKパーが取れるくらい寄せないといけないと思っています。



実際毎回となるとプロもそこまで寄りません。半径2メートルに入れる事を目標にしましょう。これ以上望んでは駄目です。最高でもこれくらいです。


まして90を目指すレベルの人は3メートルでも良い位です。そこから2パットのボギーでも最高です。


後は2メートルを入れるかどうかです。プロでもこれは90%も行かないのではないかと思います。


2メートルによればアプローチは100点。そのうち2回に1回でも入れば、パットも合格でしょう。パットが入る入らないは運です。


ですので結果に一喜一憂しては駄目です。ラインを読みそこに適当な力加減で打てたらそれは、うち方としては100点です。あとはラインの読み方を磨けばよいのです。


まずは50センチの登りの真っすぐを限りなく100%に近い確率で入れれるようにしましょう。そして1メートル。


2メートルは入っても入らなくても良いです。



そんなものです。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。