2008年06月22日

スイングのきも

レベル2で地面と平行になった腕をダウンスイングで戻すのだが、そこの動きは非常に大切です。

ものすごく、クソが付く位(下品ですみません)丁寧に降ろしてくる必要があります。

ここの動きが正確であれば、オンプレーンに確実に乗ります。そうなればシメタものです。

そこからいくら思い切り腕を振っても、少々変な力が入っても、そうそう球は曲がりません。慣性の法則が働き軌道上をクラブが通ります。

ですのでこの動きを丁寧にすれば、後は、1点を除き別に何もする必要がないのです。

そこをていねいに丁寧に作ってください。

でも、注意してください。

・絶対に手を使っては行けません。

・手は胸の前にあり下半身のリードで上半身をクラブ毎
 持ってくるイメージです。

・その時腰は回しては行けません。ここで腰を回してクラブを
 降ろしてくるとかいている本がたくさんあります。
 でも、それは違う理論の話です。正解、不正解ではありません。
 違うだけです。混ぜては行けません。

 ここで腰を回して持ってくる方法のほうがしっくりくるとなれば
 回転型のスイング論を採用してください。

 聞いていただければアドバイス出来ます。

このサイトではその動きを右足を地面に埋める動きと連動して行います。右・右・左の体重移動です。

この動きの詳細とあと1点については、次回お届します。

回転しては駄目ですよ。


メルマガ出すことにしました。内容は決まってませんが、お楽しみに。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。