2008年06月19日

ゴルフ論

ゴルフにはスイング以外にも学ばないと行けない事がたくさんあります。

コースマネージメントやメンタルショートゲーム、マナーやルールエチケットもそうです。

今はスイング論だけをお伝えしていますが、(しかも練習場のフラットなとこでのスイング)今後は、その他の事も私が知っている範囲でお伝えしていきます。

といっても、平均スコアーが80台前半ですから、その程度までしかお伝え出来ません。でも100や90の壁にぶつかっている人にはよいかも知れません。

そのあたりお伝えできればと思っています。

それでは早速ラウンド編。

まずティーグランドに行ったら、上がる前に全体の傾斜を見ます。フラットは少ないです。前が上がっていたり、下がっていたり。つまさきあがりだったりします。

それを見てどういう球が出やすいかを、考えどこに打つかどんな球を打つかを決めます。

私はその戦略を考えるのが好きでたまりません。設計者はどのような球をうたしたいのか、どんなミスを誘っているのかなど、考えると楽しいです。

基本的には、前が上がっているのと、つま先が上がっているのは、フックが出やすい。

前下がりと、つま先下がりはスライスが出やすいです。

例えばティーグランドで前が上がっていて、左がOBだと、そっちに行きやすくなります。

右から回すか、できるだけフックが出ないように打つか考えます。風も計算に入れます。ティーグランドの向きにも罠があります。

上級者やプロは、ティーグランドに着いたらこんなことを思い切り考え過去のデーターや知識が頭を駆け巡っています。ものすごい情報処理能力です。

上手い人がティーグランドで怖い顔をしてたら、それはおこっているのではなく、考えているのです。

これ以外にもいっぱいしなければなりません。

ですので、練習場で一刻も早くスイングを作って、コース戦略を考えましょう。

次回以降具体的に検証したいと思います。

では。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。