2008年06月02日

振っては駄目です。

プロやトップアマ以外のかなり上手い人でも、クラブを振りすぎの方がおられます。

こういう書き方をすれば語弊がありますが、プロやトップアマの人はあまり振っていません。

実際はもちろん振っていますが、あまり振ってる感じがしないのです。宮本プロを生で見たことがあるのですが、ほとんど振ってる感じがしないのです。

何故かそれはクラブのグリップが常に胸の前にあるからです。飛びださないのです。正面で持ってそれで動いているのです。体からクラブがはなれそしてまた戻ってくるのは効率が悪いのです。

常に胸の正面にグリップを置き動けば思い切り飛んで行きます。私はティーグランドでクラブを思い切り振っても、オーと言われません。

友達で滅茶振る人がいるのですが、その人はオーと言われます。でセカンド地点に行くと私の方がはるかに飛んでいます。

でも、しばらくしてゴルフの話になると、田地は飛ばないけど安定してるとか固いとか言われます。彼らよりはるかかなたにいるにも関わらずです。

おもしろいでしょ。実際飛んでるのを見ても、振っていない印象のほうが強いのです。

振っているように見えないのに、思い切り振っている飛ばし屋より飛んでいる。これほど気持ち悪い事はありません。飛ばしやは自分が負けているのが解ります。

不思議でなりません。全然振っていないのに何で飛ぶの。

これが体で打つということ。下半身で打つという事です。皆さんはこれを目指しましょう。ティーグランドでオーと絶対言われないスイングを目指しましょう。

では。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
posted by 田地 悠平 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。