2008年05月31日

見た目とのギャップ

先日一緒にラウンドしたメンバーから、私のスイングについての印象を頂きました。

まず軸が安定していて下半身が微動だにしないように見えるらしいです。

自分では相当積極的に動かしているのに、外から見るとそう見えるようですね。見た目をまねて下半身を止め上体を背骨を中心に回しだすと、まったく違うスイングになってしまうという事です。

もう一点は、力を抜いて軽く打っているように見えるという事です。

私は力を思い切り入れています。とくにクラブが体の正面から外れないように必死で力を入れています。先日も書きましたが、クラブをあげるのにものすごく重い物をあげるようにしているので、相当力がいります。

わたしは下手な内は変に力を抜かない方がよいと思っています。軌道が安定していないので色々なところに行きます。遠回りすることになり、振り遅れます。

これも見た目とかなりギャップがあります。


ですので見た目をまねするというのは充分理屈を解っていないととんでもない事になります。

私は相当研究を重ねてきたので他の方よりは少し見る目があります。

そして、自分で自信をもって言える事しか書いていないので、ここに書かれていることはほぼ正解と思って頂いて問題ないでしょう。

素敵なスイングを作りたい方は是非このブログの内容を実践してみてください。

そのうち動画をアップしますので、そのスイングになりたいと思う方はぜひお願いします。

では。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
posted by 田地 悠平 at 23:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。