2011年01月03日

あなたは目標しっかり立てていますか

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ



100前後のスコアーのアベレージゴルファーと
良くゴルフに行きます。


いっぱい直さないといけないことがあるんですが
私が真っ先になおしたいのに
本人たちはまったく気にしていない
部分があります。


それは何か?


アドレスの向きです。
ずばりたちかたです。
たちかたがまったくなっていない。


どこ向いてんのというのが
とても多いんです。


ティーグランドがどこに向いてるかとか
それにどれだけ影響されるかなんて
まったく気にしていません。


それよりなにより
彼らに気になるのは
スイングです。


スイングももちろん大切ですが
ゴルフコースに行ったら
向きが大切なんです。


どこに打つのか
どんな球をうつのか
ティーグランドはどこに向いているのか。
それを
気にしてほしいのにまったくきにしていません。



一番多いミスは
フェアーウェイに対して
ティーグランドが右に向いてる場合です。


たいがいのひとが
ティーグランドの向きに
構えさせられます。


つまりコースに対して
随分右を向いてるんです。


ここで
かまえて
一度もうつ方向を見ない人がいます。
そういうひとはそのまま右に打ちます。


かまえてから打つ方向を見る人がいます。
そのひとは
フェアーウェイーを見ます。
自分は右を向いているのに
意識はフェアーウェイに向いているわけです。(構えに対して左に打つ)


すると凄いフックや
チョロがでます。



まずはそんな罠がそこらじゅうにしかれているのを
知ってください。



まずティーグランドがどこに向いているか
あなたの打ちたい方向はどこなのか
それを明確にしましょう。
それだけでも随分違います。


実はそのあとのほうが
課題が多いのですが
まずはティーグラントの向き
コースとの関係は
最低条件として入れましょう。



次のラウンドではそこを知ってください。
それだけでも随分違います。



では。






にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ








posted by 田地 悠平 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。