2008年03月16日

不動 久々の優勝

アコーディアレディースで不動が優勝しました。久しぶりの優勝です。

皆さま良くご存じだと思いますが、不動と古閑、そして確かおととしの賞金女王大山の元師匠は、肥後のもっこす先生です。

今は3人とも師匠からは離れているようですが、共通の先生です。

彼女はスイングを指導するときに、体に負担がなく、長く続ける事を前提にするので、2軸のスイングを教えるそうです。

体重移動を使うという事ですね。右から左への体重移動でスイングします。背骨を軸に一軸にスイングするより負担が軽いという事です。ところが3人のスイングを見ても体重移動してるように見えません。

そこが落とし穴です。一軸でクルッとまわってるように見えるからと言って、彼らがそうしてるとは限らないという事です。

さて、その中の一人の大山が去年は調子が悪かったです。実際にスイングを見ていないので何とも言えませんし、私の憶測にすぎませんが、彼女はコーチを変えました。

その新しいコーチのスイング論は、体重移動を控え、左の足の上で鋭くスピンしろというものでした。それで、彼女の飛距離が伸びました。

最初はそれでよいのです。当然長い間体重移動をしていたので、それは体に染みついています。そして、それにスピンを加えるのですから飛距離は当然まします。

でも、その後スピンの意識が強くなりすぎ、彼女の長所である体重移動が減るのではと懸念していました。

彼女が去年調子悪かったのはスイングのせいかどうか、解りませんが、久しぶりに見た彼女のスイングは、トップからいきなり腰が回り腰が引けクラブが外から降りてきているように見えました。

これは、単なる1ファンの妄想です。こんな、話もあるくらいに聞いておいてください。

スイングは絶対右から左の体重移動です。

では。

人気ブログランキングへ 
posted by 田地 悠平 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。