2007年07月25日

108をまずは目指そう

今まで110以下で回ったことのない、あなた。まずは108を目指しましょう。

108を目指すのには意味がちゃんとあります。100を切れない人の多くは、100をきりたいといってスタートしているのに、72で回ろうとしています。

その結果フタを開けたら110も120も、と言うことになるのです。どんな形でもよいので一度スコアーを出しましょう。一度100をきれば100の壁はなくなります。

極端な話レディースティーから(男子が)回って100切るというのもありです。一度きれば何度でも切れます。

では何故108か? 一つ目の課題150ヤードをある程度打てるように徹底的に練習してください。8番でも7番でも6番でもよいので150ヤードを徹底的に練習してください。150ヤード以上を打つ必要は全くありません。

当然ドライバーは、絶対に打たないで下さい。150ヤード打てない人にドライバーは無理です。難しいです。シングルの人がスコアーを崩す時は実はドライバーが曲がりだしたときです。

では何故150ヤードか?例えば先日私が回ったコースで、一番長いミドルは420ヤードです。これですと150×2回と120で届きます。

長いロングは511ヤード。150×3回と61ヤードの4回です。

ショートの長いのは166ヤード。150を一回と16ヤードです。

ミドルが10ホール×3打とロングが4ホール×4回とショートが4ホール×2回で

合計54回です。150ヤード打てれば、54回のショットで上がれます。で、パットを全部3パットにすれば54回で

計 108回で回れることになります。

ドライバーを打たないので、OBはまず出ません。ごくまれに最低150打たないと谷越えないとかありますが、ここでは無視です。

全て3パットはありえません。半分が2パットならなんと100です。これは決して高い目標ではありません。

この方法のベストスコアーは、300ヤード以下のミドル、150ヤード以下のショート、450ヤード以下のロングは、それぞれ1回少なくなるとして、前述のコースでは、3ホールありました。

ですので、全て2パットとして、54−3+36パットで 87です。たまに1パットもあるとして85としておきましょう。

どうですか、このやり方なら90切れるまでいけるのですよ。実は私一時この方法でしばらくゴルフをしていました。それで90前後のスコアーをコンスタントに出せるようになりました。

でも絶対85以下は無理でした。そしたら次にどうするかですよね。実は7番アイアンが打てれば。5番ウッドが打てます。

そうです。次に5番ウッドでティーショットを打つようにしました。

続きはまた書くとして、150ヤードもまともに打てないなら。150ヤード打てるようになって、150ヤードしか打てない人の最高スコアー85を目指してやってみてください。

メリットは大です。こんな枯れたゴルフを思う方は、よいスコアーで上がるのに随分遠周りすることを覚えて置いてください。

では。
posted by 田地 悠平 at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。