2006年11月21日

デスムーブ

絶対してはいけない動きというものが、存在します。

ゴルフで言うとそれは、リバースピボットです。いわゆる明治の大砲という動きを含めた、バックスイングで体重が飛球線側の足に乗り、フィニッシュで反対に乗る動きです。

どのように考えても、ボールを前に飛ばすには、飛球線後方から飛球線方向に力をかけたほうが良いのは明らかです。右利きの場合バックスイングで右に乗ったものを左に移す動きです。

そんなのあたりまえだし、皆さんご存知の事ですが、実はこの動きと逆をやっている人が結構多いのです。すぐ止めましょう。もったいないです効率が悪いです。

体重移動でスイングする人も、背骨を軸に回転運動でスイングする人も、ここは変わりません。右に乗って左に移すのです。(左利きの方は逆)

何故リバースになるか?色々あるでしょうが、殆んどの人の原因は、下半身から動いていないという事です。意識的に、足の裏、膝、くるぶし、太ももどこでも、何ミリでもいいので、ホンの一瞬でも良いので下半身を右から後ろに動かす事をきっかけにしてください。見た目動いてなくても良いです。足の裏で地面を踏むという動作でもよいです。でも絶対上からは動かないでください。手や肩が一瞬でも先に動くと、地面に唯一着いている足が、上が後ろに動くのに反発して前に動いてしますのです。これは、身体力学や物理学的にも言えるらしいです。いまいち確信は持てないので、間違ってたらごめん。

学問的にはともかく、その反動でフィニッシュでは逆に行ってしまいます。そういう人が非常に多いです。是非足から動きましょう。

お風呂かプールで実験すればすぐ解ります。水中でアドレスを取り、両手を合わせ手の甲で水の抵抗を受けながらバックスイングします。ゆっくりそのときに手を先に動かして見ると、足が飛球線方向に動くのが解ります。同じ事が陸上で起こっています。

是非体感し、デスムーブとして(絶対してはいけない動きの事、合ってるかな)今すぐやめましょう。

下半身で腕を上げる感覚はなかなか難しいですが、絶対マスターしてください。飛距離方向性ともに上がるはずです。では。

人気blogランキングへ
posted by 田地 悠平 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。