2010年04月29日

基本は下半身。でも

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


ゴルフは下から動くのが基本です。
というのが私の信条です。


ここは絶対に譲れません。
足の使い方が上手ければ
上が相当下手でも
変でも


シングル級のスイングは作れます。
スイングですよ。
シングル81で回るにはスイング
以外の要素が多いからです。


あくまでスイングの話です。
足の動かし方を
正しいものにすれば
上なんてどうでも
80台前半では回れます。


だから足の動きは重要です。
それを踏まえて
それが出来たという前提で
上の動きを今日は書きます。


欧米のプロと
日本のプロの
上半身における
ある部分の一番の違いは


アンコックです。


私はノーコック派です。
という方以外のプロの
スイングを見ると
コックをしていない人は
皆無です。


もちろんアンコック
リリースをしていない人も
皆無です。


コックのほうは意識的にしているひとも
多いです。


ですがアンコックを意識的にしている人が
以外に少ないです。



右足のまえで速めにリリースをするという
表現や実際におこなっているひとは
います。


私のご提案する方法もそれに近いですが
それだけでは表現が足りないんです。


同じ動きをするけど
表現が足りないとなぜだめなのか。


大切なイメージが出ないからです。
イメージがともなわないスイングは
本番では通用しません。


何故積極的にリリースしないと
いけないのか
欧米のプロはやっているのに
日本ではやっている人が
少ないのか。


下半身命の田地メソッドが
あえて
上半身に触れていきます。


次回からの展開を
楽しみに
していてください。


では。








にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
posted by 田地 悠平 at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。