2009年09月19日

あんなに練習したのに

練習場でかなり良くなり、
完璧や。



とコースに行きます。
ぼろぼろの時ないですか。


かえっていつもよりひどい。
どうにもこうにも話にならない。
帰りたい。



ぞんな時ありますよね。
私も昔はしょっちゅうありました。



何故そんなことが起こるか。
練習場で微調整してるからです。



みなさんが良くやってしまう
練習法です。
これは良くない。


例えば
1球打ちました。
振り遅れで右に出ました。


「あー今振り遅れたなあ。
もうちょっと手を早く振ろうか。」


ちょっと早く振ります。


まっすぐ完璧です。
タイミングも合って
軽いドローです。
自分の球によいしれます。


今のタイミングは完璧だ。
これを身につけよう。


何度も何度もタイミングを
つかみます。
だんだん自分のものになってきました。


あまり意識しなくても
タイミングがあってきました。


今度は良さそうだぞ。



コースのティーショット
右に出ます。
振り遅れです。
でも調整はすぐできません。



次のティーショットは
2番ホールです。
ちょっと手を速くふります。


ひっかけです。
体が止まりました。


次はショートなので
ドライバーは
もうひとつあとの4番です。



わかりますよね。
何度も打てないんです。
調整することができないんです。


その間にアイアンも打ちます
パターも使います。


これは絶対に使えない
練習法なんです。



ゴルフはタイミングとても大事です。
ですが
調整でタイミング
使うのはあまりうまくありません。



腕でタイミングとるのは
良くないと言えます。


そしたらどうするの。



また次回書きます。
タイミングは足でとりましょう。



では。
posted by 田地 悠平 at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。