2009年09月16日

アドレス命

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


【2gC】


今後のこの表示があったら前回ご紹介
させて頂いた2gさん上達のキャンペーン
だと思ってください。



まったくの初心者にゴルフスイングの全てを
教えることができるかどうかの企画です。
よろしくおねがいします。



皆さまも確認の意味で取り組んで頂くと
現在のスイングに一層磨きがかかることと
思います。ぜひどうぞ。



まず第一日目



色々考えました。
グリップ
レベル1
何かなと。


アドレスですね。最も大切です。
これが狂ってスイングがめちゃくちゃに
されるケースが後を絶ちません。


上級のかたでもけっこうやられています。
ゴルフ場にはあなたのアドレスを狂わせる景色
が満載です。



勝手に出来ているケースもあれば
設計者が意図的にそうしているケースがあります。



例えばティーグランドが右に向いていて
コースの左側がOBと言うケース。



まず初心者はティーグランドの向きに誘導され
右を向きます。
本人は右を向いている感覚はありません。
打つ方向を顔をあげて確認します。


もちろん見るのはフェアーウェーです。
その方向は体に対して
左です。



右向いて左に打つと引っかけが出やすいです。
ボールは左のOBに向かいます。



アドレスして一度も顔をあげなかったらどうなるか。
アドレスした方向
右の林に一直線です。



ではある程度うまい人はどうか。
上手い人はその罠を見抜いています。
ティーグランドは右に向いている。


これは罠だ。
おれは騙されないぞ。
ティーグランドの向きにまどわされず
フェアーウェーにまっすぐアドレスしてやる。


上級者は大丈夫です。
打ちたい方向にまっすぐたてます。
立てるんです。
がそのあとが大変です。


確実にフェアーウェーに向いているのに
ティーグランドの向きに惑わされます。
物凄く左に向いているように感じます。


間違いなく合っているのに
左に向いていると感じます。
これに耐えることができないのです。


体がむずむずしてきます。
感覚としては左のOBに打つ感じです。


仕方ないので打ちます。
どうしても体が早く開き
右に出て軽くスライスします。


これも右の林です。



これを避ける方法はなかなかないですが
出来ることは
徹底的にスクエアー感を磨くことです。



幸い日本にはスクエアーがそこら中にあります。
歩道のタイルもスクエアーです。駅のホームにもあります。



そこでスクエアーに立つことを徹底して
磨きましょう。
体に覚えさせましょう。



まず肩幅くらいに足を開きます。
つま先はまっすぐ正面を向いています。


つま先を結んだ線
腰のライン

肩のラインは
スクエアーです。



飛球線(ボールが飛んで行く方向)にたいして
横を向きますよね。


野球もそうか
まずはこの感覚を
事あるごとに磨いて下さい。



つま先のライン



飛球線に平行にする。



そしてボールが飛んで行く方向を見てください。
どのように見えるか見てください。


電車のレールは平行ですよね。
でも先に行くほど狭く見えますよね。
ゴルフでもそう見えると言うことです。


事あるごとに
この感覚を身につけてください。
完璧にあなたのなかに
スクエアー感を植え付けてください。


お気に入りの場所を見つけてください。
その景色が
目をつぶっても出てくるくらいにしてください。



これはとても大切な感覚です。
あまり書かれていませんが
最重要だと思います。



で一回目にしました。
がんばってください。



タイガーはこれが最高に凄いらしいです。
どんなとこに行っても
どんな状況でも
目標に対して
スクエアーに立てるそうです。


それがあるので
スライスフックが
自由自在なんです。



机の前に
たてば机の
ラインは飛球線に平行です。
それに肩や腰
つま先を合わせれば良いのです。



がんばってください。



では。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
posted by 田地 悠平 at 07:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。