2009年09月03日

カブレラ

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ



マスターズチャンピオンのカブレラ。
アルゼンチンのプロです。


私は基本的にスイングのきれいな人が好きです。
なのでカブレラさんはノーマークでした。
(すみません)
彼のスイングは全体にきれい感じではなく、
インパクトが強い厚い感じのスイングです。


というわけでほとんどノーチェックでした。
ところが彼のスイング、私が目指すものでした。
凄いです。
何が凄いか。
シャフトの動きです。
理想的な動きをしています。


今週号の週刊パーゴルフ。
彼のスイング連続写真が載っています。
見れる方はぜひみてください。

注目すべきはシャフトの動きです。
トップから降りてきます。
シャフトが地面と平行になる瞬間
シャフトが逆にたわんでいます。



皆さんのイメージだとヘッドが遅れる感じで
シャフトが曲がってる。
そんなイメージですよね。



でもカブレラは逆なんです。
ここですでにヘッドが遅れずに
進んでいて
シャフトが逆にしなっています。



グリップとヘッドが地面に近く
シャフトの真ん中が高い凸型になっています。
こんなイメージ皆さんないと思います。


ここでもうすでに振り遅れてないんです。
後はインパクトまでこの形のまま
進んで行き球を捕まえます。



ふつうは違うと思います。
その次のページに
他のメジャーを取った人(名前覚えてません。すみません。)
の分解写真が出ています。


おなじカットを見てください。
シャフトが凹型になっています。
シャフトがしなってヘッドがやや遅れています。


この感じが普通です。
皆さんもこんなイメージで振られていると思います。
ヘッドが若干あとについてきて
インパクトで間に合う見たいな感じです。


理想はカブレラです。
素晴らしいシャフトの動きです。
何故あのようになるのでしょう。



アンコックです。
積極的にコックを解放しているからです。
トップからゆっくり
あげたスピードと同じスピード
等速で降ろしてきます。


シャフトが地面と平行になる少し前くらい
で一気にコックをほどきます。
そうすることでシャフトが
逆にしなり
ヘッドが追い付いてくるんです。


このイメージで振っている人少ないと思います。
これで打てた時。
今までにない感覚があります。



とても不思議な感じがします。
なんやろこの感覚。
と言う感じです。


先の記事
米俵を
肩から地面に落とす動き
あの動きです。



試してください。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


では。
posted by 田地 悠平 at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。