2009年09月02日

ラウンド論

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ



スイングの良しあしと
スコアー。
相関関係は当然あります。


スイングが良いとスコアーは
良くなる傾向にあります。
そうでないと
プロが良いスイングを求めて
練習意味がなくなります。


ですがスイングが良いからと言って
必ずスコアーが良いとは限りません。
そこにはラウンド論が関わってきます。


こんな感じだとこう打つ。
こううった方がよさそうに見えるけど
アア打った方が結果が良いんだ。


とか。
いろいろあります。


私は圧倒的にラウンド数が少ないです。
試合とかそういうのもほとんど出た事が
ありません。


ですので
ラウンドに関しては
ほとんど皆さんにお話しできることは
ありません。


さらにいうと
スイングの良さを求めて
スイングが良くなったから
スコアーが良くなるとは言えないです。


ゴルフの優勝はスコアーです。
人より一打でも少ないスコアーで回った人が
勝つんです。


あの人はスイングがきれい
美しい
優勝です。
というような選手権はありません。


では何故人は
良いスイングを求めるのか。



ずばり安定して
正確に
ボールと
フェースを
コンタクトさせるためです。


ものすごいスピードで
クラブは振られます。
球とフェースが接触するのは
一瞬です。


少しでもづれると
ミスになります。


しかも機械ではないので
毎回正確に当てる事が出来ません。


その確率をあげるため
人は良いスイングを求めるのです。
変則が悪い事はありません。


変則でも毎回同じように
フェースを当てる事が出来れば良いんです。
その人にとってそれが一番安定している
それなら良いのです。


わたしが提唱するスイングは
出来るだけ再現性が高く
安定して球にコンタクトできるものです。


メンタル的な影響を受けた時
高いストレス下でも
通用するようなものを
お伝えしています。


かこのブログをお読み頂き
おっと思われた方は
是非お試しください。


良い結果が得られること請け合いです。



スイングは田地からならって。

ラウンドは他のスペシャリストに教えてもらう。


それぞれのコーチというのが
いても良いのではと思っています。


分業制ってそういえば
あまりないですね。


どっかにラウンド専門の
コーチいないですかね。


では。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
posted by 田地 悠平 at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。