2009年08月28日

肩に担いだ米俵

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


米俵ってわかりますか。
ひとつ60キロくらいあるとおもいます。
米を入れる袋です。
わらでできています。


それを運ぶ時肩口に乗せて
運びます。
その姿勢や
うでの感じが
ゴルフのトップに似ています。


http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_news_release/014/014896.html


写真の右の女性がもうすぐでトップですね。
レフティーです。


こんな感じからイメージしてください。
肩に担ぎます。


でそれを目的の場所まで運びます。
そしておろすのですが、このとき
いま上を向いてる面を
下につけるように
半回転させて降ろします。



米俵の両サイドを両手のひらで持ちます。
縦に半回転させます。
このとき
担いでるときは
両手とも
コックができています。



これをほどくように
アンコックしながら
俵を回転させ地面に下ろします。



この感じがクラブを体の右サイドに
降ろしてくる感覚と
酷似しています。


クラブを回す感じがありますね。



解りますかね。
この感覚わかれば
結構すごいですよ。



では。


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


posted by 田地 悠平 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。