2009年08月26日

アンコックの大切さ

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ




積極的にコックをほどきましょう。
このように言ってるレッスン記事やレッスン書、
少ないですね。(まったくないわけではない)


ですが元ノーコック派の私から言わせていただきますと、
このアンコックは強烈に重要です。
コックは積極的にほどいていきましょう。


で次に重要になってくるのはその
方向性です。
どの方向にリリースするか。


ま下です。
飛球線方向ではありません。
ましたにコックをほどきます。


何故ましたか。
おわかりですね。
重力です。
重力を最大限に利用します。
重力にひっぱってもらっている
クラブ。
その流れに乗るのです。


思い切りましたに
コックをほどきましょう。
地面に叩きつける勢いです。


これが最大限の力と
スピードを産みます。


板に釘を打つとします。
この板は固定されていません。
どの方向から打っても良いとします。


どうやって打ちますか。
板をしたにおいて上からかなづちで打ちますよね。
板を上においてしたから打つ人はいないでしょう。


また板を横にむけて壁に抑えつけて
横から打つ人もいないでしょう。
板を下におくのが一番うちやすい。
重力を使えるからです。


クラブもこの方向に動かすのが
一番力を発揮できます。


そんなことしたら思い切りだふりそうでしょう。
大丈夫です。
右から左に動いているからです。


上からたたきつけますが、
体重も右から左に動いています。
その勢いを保ったまま
球と接触します。


アンコックでヘッドを叩きつけ
シャフトが逆にそるくらいまでヘッドを
叩きつけます。


その状態でクラブヘッドに球が当たります。
ヘッドの重心の関係で
ヘッドがローテーションしながら
球を包み込むように
打って行きます。



こんなイメージありますか。
これが出来ると相当気持ちいいです。



イメージしてみて
やってみてください。



詳しく書きましたが
あくまでも下半身あってのことです。
補助ですよ
上半身は。



では


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
posted by 田地 悠平 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。